ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20年間体型変わらぬ石田純一 アンチエイジングの食生活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「若さの違い」は、実は食生活によるところが大きい。タレントの石田純一氏(62)は、58歳の時に男児に恵まれ、理子夫人は現在第二子を妊娠中というから、驚くべき若さである。身長177cm、体重74kgの体型は20年間変わらず、年齢よりもずっと若く見えるが、一体何を食べているのか。

「朝は5時台に起きてランニングしてから朝食。量は少なめで、朝も昼もご飯1杯に生卵など。納豆やキムチなどの発酵食品も食べますね。あとはヨーグルトにちょっと蜂蜜を加えて摂るようにしています」(石田氏)

 石田氏が意識して食べる卵とヨーグルトは「若返り食材」なのだという。『老けない人は何を食べているのか』(青春出版社刊)の著者で、日本抗加齢医学会指導士の森由香子氏が解説する。

「いつまでも若々しい人が必ずといっていいほど食べているのが卵なんです。9種類の必須アミノ酸をバランスよく豊富に含んでいるうえ、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、さらに鉄、亜鉛、カルシウムなどのミネラル類も豊富。ただし、摂りすぎるとコレステロールも増えてしまうので、1日1個が適量です」

 ヨーグルトは納豆同様、腸内の善玉菌を増やして腸の調子を整える。そこに善玉菌を増殖させるオリゴ糖を多く含む蜂蜜を加えることで効果がさらに上がる。一方で石田氏は塩分の摂りすぎに気をつけている。

「父が脳卒中で亡くなったので、味噌汁もすごく薄味にして、塩分は1日1桁(10g未満)を目指しています。塩や醤油を極力使わずに、鰹節や昆布から出汁をとってストックしておき、それを味噌汁に使っています」(石田氏)

 鰹節や昆布の出汁にはイノシン酸やグルタミン酸などのうまみが豊富。「リラックス効果も得られる」(森氏)という。

 間食にはリンゴや柿、ミカンなど季節のフルーツを2種類以上食べる。

「アンチエイジングの敵である活性酸素を撃退する、ビタミンA、C、Eが摂れています。とくにビタミンCは効力の持続時間が短いので、間食で摂取するとちょうどいい。キウイもおすすめです」(森氏)

 外食が多くなる夕食はイタリアンが多いという。

「トマトとオリーブオイル、ニンニクを使ったパスタと、エクストラバージンオイルやバルサミコ酢をかけたサラダ。肉は控えめで、お酒は赤ワインをボトル半分くらい」(石田氏)

 外食は栄養が偏りがちだが、石田氏のメニューには優れたアンチエイジング効果があるとのこと。

「トマトに含まれるβカロテン、リコピン、ビタミンCと、ニンニクのアリシンはどちらも抗酸化物質で、老化を招く活性酸素の働きを抑えます。赤ワインにもレスベラトロール、アントシアニンなどの抗酸化物質が含まれています」(森氏)

 揚げ物を控え、「カップラーメンなどのインスタント食品は一切口にしない」という石田氏。

「インスタント食品ばかり食べていると栄養不足に陥るだけでなく、リンの摂りすぎからカルシウム不足に陥り、肌荒れを招いてしまいます」(森氏)

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
こんにゃく+三つ葉、豆腐+春菊、トマト+牛肉で美肌効果
みかんの「白い筋」は毛細血管の血行を良くするビタミンPの宝庫
インフルや花粉症に効く! 免疫力を高めるれんこんの底力

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP