ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「下を向いて歩こう」そんなフレーズを口ずさみ、無理せず気持ちをアゲる夜

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さあ、今週もスタートしました。週の始め月曜日の夜は、頑張ろう!と気合いが入る分、どっと疲れが溜まってしまってしまいがち。
上を向いて歩こう!とはよくいうけれど、そんなに毎日上を向いてもいられない…。いいことばかりでない毎日、下を向きたくなることだってあるのが私たちのリアル…。
でも、下を向いたことで出合える「アート」だってあるんです。
パリのフォトグラファーのSebastian Errasさんは、日々出合った「美しい床」の数々を自身のインスタグラムにアップしています。見事なまでに芸術的な床の数々からインスピレーションを受けて、あしたのファッションについてただただ考えてみる、そんな夜もいい。

春ファッションを彷彿させるパターン

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Aug 5, 2015 at 2:01am PDT

春らしくみせる定番中の定番、ピンクのフラワー。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Sep 4, 2015 at 1:37am PDT

エスニック調のパターンも、春系の淡いカラーを取り入れたいな。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Nov 2, 2015 at 1:07am PST

パステルで統一したカラーリングで、スイートに春を演出。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Aug 27, 2015 at 1:39am PDT

赤やピンクを使わない花柄スタイルも、大人っぽくなるワザとしてはいい。

夏にこんな浴衣着たい。和柄ライクなもの

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Aug 24, 2015 at 1:44am PDT

モダンな抽象柄を着こなせる、粋なオンナを目指したい。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Nov 20, 2015 at 1:51am PST

ブラウン×ネイビーは、日本女性の肌色にマッチするカラーリング。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Nov 30, 2015 at 1:17am PST

大正ロマン風のパターンは、あえて渋めなカラーにトライしたい。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Nov 27, 2015 at 1:28am PST

モノトーン柄の浴衣なら、巾着や草履に挿し色でのアクセントをつけたい。

取り入れてみたい斬新な色使い

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Dec 16, 2015 at 3:28am PST

斬新で目を引きそうな水色×赤は、ぜひ試してみたいカラーリング。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Nov 23, 2015 at 1:04am PST

モノトーンファッションの日は、あまり身につけない色を挿し色に。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Oct 9, 2015 at 1:23am PDT

チョコレートを連想させる、スイートな色の組み合わせ。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Jul 25, 2015 at 2:05am PDT

ベージュと黒を知的に見せてくれる、マスタードカラーのスパイス。

幸せになれそうなモチーフ

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Jun 20, 2015 at 1:33am PDT

四つ葉のクローバーを見つけたときみたいに、ほっこりするアート。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Jun 22, 2015 at 11:56pm PDT

気持ちいいほどにビビッドなレインボーカラーで、明日も元気に!

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Jul 8, 2015 at 7:24am PDT

エルメスモチーフは、オンナならなぜかテンションがあがる。

A photo posted by Parisian floors (@parisianfloors) on Oct 31, 2015 at 11:30am PDT

魔除け的なその表情に、心を見透かされているよう!?
下を向いて歩いていたって、こんな美しいモノに出合えることだってある。それってなんだか、「自分にウソをつかずに自然体でいることが大切」というメッセージみたいで、あしたも頑張れそうな気がする!
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・かわいさよりもシンプルさ。仕事ができるアラサ-の机に、女子力は不要!
・たった30秒! SNSに載せたい朝食ができるまで
・チェックしておきたい! 好きな遊びや趣味からわかる彼のマネーセンス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。