ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

祖父江慎+コズフィッシュ展がいよいよ開催! 約2千冊の全装丁が一挙揃う。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

neol201602082

ブックデザイナー・祖父江慎による展覧会『祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイン』が、東京・千代田区立日比谷図書文化館で開催中。

ブックデザインの第一人者である祖父江慎氏は、その独特な感性と鍛え抜かれたデザイン力により、常に意表を突く作品を数々世に送り出してきた。
1990年にデザイン事務所コズフィッシュを設立し、松本大洋の『GOGOモンスター』、吉田戦車の『伝染るんです。』、糸井重里の『言いまつがい』、宮藤官九郎の著書『私のワインは体から出てくるの』などの書籍の装丁を手掛け、近年では『スヌーピー展 しあわせは、きみをもっと知ること。』『水木しげる米寿記念 ゲゲゲ展』『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』をはじめとする展覧会のグラフィックやアートディレクションも数多く担当している。

neol2016020822

本展では、祖父江とコズフィッシュがこれまでに手掛けた約2千冊におよぶ全装丁本を前後期に分けて展示する。また、本に使用される紙や本の構造、印刷、製本といった本作りの工程を、祖父江が実際にデザインした本を例に紹介。さらに、夏目漱石の『心』『吾輩ハ猫デアル』新装版の制作プロセスも紹介すると共に、『こころ』初版本の装丁のために漱石自身が描いた装画やゲラの展示も行なわれる。

「うまくいかない喜び」を軸に展開される祖父江慎+コズフィッシュのデザインワールドを堪能したい。

neol2016020823

『祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイン』
2016年1月23日(土)~3月23日(水)
前期「cozf編」:1月23日(土)~2月14日(日)
後期「ish編」:2月16日(火)~3月23日(水)
※会期中展示替えあり
会場:東京都 千代田区立日比谷図書文化館 1階特別展示室
時間:10:00~20:00(土曜は19:00、日曜・祝日は17:00まで、入室は閉室の30分前まで)
休館日:2月15日、3月21日
料金:一般300円 大学生・高校生200円
※千代田区民、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。