ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BIGBANG 韓流三つ巴対決を制し、オリジナルアルバムでは4年9か月ぶりビルボード週間チャート1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月15日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”にて、BIGBANGの新作『MADE SERIES』が下馬評通りのビッグセールスを記録。同日リリースだった2位のソンモ from 超新星『The future with U』、3位のGOT7『モリ↑ガッテヨ』をかわし、見事初登場1位を記録した。

 ここ日本でも抜群の人気を誇る彼らだが、オリジナルアルバムでの同チャート1位は意外にも2011年発表の『BIGBANG2』以来、約4年9か月ぶり。3年ぶりのカムバックプロジェクトの一環として、昨年末から開催しているドームツアー【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN】は全4都市18公演で91万1千人動員と他を寄せ付けないスケールで、各地の公演に数々の著名人が来場していることも話題になったが、その圧倒的な求心力は今週のセールスチャートでも存分に発揮されたと言っていいだろう。

 もちろん、2位のソンモ from 超新星『The future with U』と3位のGOT7『モリ↑ガッテヨ』も各々すばらしいセールスを記録。さらにチャートは上原ひろみにとって約2年ぶりのニューアルバム『SPARK』(上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト名義)、そして遊助のベスト盤『遊情BEST』と続いている。

◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”
(2016年2月15日付)
1位.BIGBANG『MADE SERIES』
2位.ソンモ from 超新星『The future with U』
3位.GOT7『モリ↑ガッテヨ』
4位.上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト『SPARK』
5位.遊助『遊情BEST』

◎BIGBANG 歴代オリジナルアルバム初登場順位
(ベスト盤やソロ作品は除く)
2012/07/02 付け:3位 アルバム『ALIVE-MONSTER EDITION-』
2012/04/09 付け:3位 アルバム『ALIVE』
2011/05/23 付け:1位 アルバム『BIGBANG2』
2009/08/31 付け:3位 アルバム『BIGBANG』
2008/11/03 付け:16位 アルバム『NUMBER 1』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】BIGBANG、GOT7、ソンモ 韓流アーティストが三つ巴中!
BIGBANG 日本だけでも91万人超を動員するワールドツアーの東京ドーム公演を生配信決定
10周年ベストでオリコンデイリーTOP3独占のファンモン、「春歌(はるうた)プレゼント」キャンペーン対象曲に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP