ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と目立ってる!?頭皮のフケはどうケアする?

  • ガジェット通信を≫


どんなに服装や髪形を整えていても、フケが肩についているだけで、なんとなく清潔感がなく感じてしまいますよね。頭皮の乾燥が激しい方などは一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

今回はそんなフケの原因や解決法について、医師に解説していただきました!

■ フケの正体&原因は?

フケは皮脂腺の分泌物が乾燥し、皮膚に灰白色の鱗状となって付着するものと考えられていた頃もありましたが、現在は頭皮の角質細胞が老化して剥がれ落ちたものと考えられています。

【原因は?】

フケが増える原因は不明ですが、皮膚にある細胞の一種である表皮細胞の分裂、角化(角質が作られて沈着すること)が早くなっているために角質が落ちやすい状態になってできているものと考えられます。

健常者でも見られますし病的なものの場合もあります。ひどい状態が脂漏性皮膚炎といわれ、いわゆる「ふけ症」といわれるものは脂漏性皮膚炎の軽い段階ということが考えられています。

■ フケが出やすい人の特徴は?

まず脂漏性皮膚炎の脂漏(しろう)とは皮脂腺からの皮脂の分泌が過剰なことをいいます。脂漏性皮膚炎は脂漏によって引き起こされる皮膚炎なのです。

皮脂がスキンケア不足などで蓄積されると、それ自体の皮膚への刺激や、マラセチアという皮脂が大好きな病原体が繁殖して皮膚に悪影響を与えることが関与していると考えられます。

皮脂は顔や頭皮にたくさん分泌されるので顔や頭にフケもできやすくなります。そのため、体質的に皮脂腺から皮脂の分泌が多い方や、スキンケア(洗顔・洗髪)不足で皮脂が毎日しっかりと落とされていない方にフケができやすくなると考えられます。

■ 改善法はスキンケア&生活の改善!

改善法の主体はやはりスキンケアとなります。石鹸やシャンプーで毎日一回は皮脂落としを丁寧に行います。

その他にも、疲労などで体調不良があるとフケ症が悪化することがありますので、疲れやストレスをためないことも大切です。

また、一部の人ではビタミンB群の不足が関与することもあるので、バランスの良い食事を摂ることも大切です。

【医師からのアドバイス】

程度が強い場合は皮膚科を受診する必要があります。その場合は炎症を抑える塗り薬やマラセチアの活動を抑えるお薬が用いられることが多いと思いますのでお医者さんの指示に従ってお薬をしっかりと使ってください。もちろんスキンケアなども欠かさずに続けましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

汗ばむ季節!頭皮のニオイはどう防げばよい?
じつは頭皮にも老化現象が! 正しいケアでアンチエイジング
今すぐ始めたい! 「頭皮マッサージ」の4つのメリット!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP