体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・

「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子どもなりの視点で世の中の便利を「クリエーション」、これがスゴかった!

子どもの発想力に
大人は気づいていない

「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・

Photo by the INVENTORS! project

イギリス人デザイナーで発明家のDominic Wilcoxさんは、これまで450人以上の子どもたちに発明品のアイデアを描いてもらうプロジェクト「the INVENTORS project」を実施しています。
もちろん、ただ描いてもらって終わりではありません。子どもたちのアイデアを実際にカタチにする(ものによっては3Dイメージ)までを行い、彼らにものを生みだす楽しみを伝えるという試み。他にも、イギリス政府より依頼を受け、学習障害を抱える人々への発明フロジェクトも実施しているそうです。

では、ここからは実際に子どもたちの発明品をチェックしていきましょう!彼らのアイデアを元に独断ですけど、「実用度」と「面白さ(発症力)」を星の数で表してみました。

01.
プリングルスホック
実用:★★★★★
面白:★★☆☆☆

「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・

Photo by the INVENTORS! project

「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・

Photo by the INVENTORS! project

「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・

Photo by the INVENTORS! project

大好きなポテトチップス。食べ続けているうち、だんだん指が届かないところまでいっちゃった…。いかにも子どもらしい着眼点と拍手したくなる、この発想力にあっぱれ。下の方のチップスもこれなら簡単に取り出せる。11歳のジョージアちゃんの発明は誰もが喜びそうなアイデアでした。
でもこれ、最初どうやって「ホック」を中にいれるんでしょうね?

02.
全自動食品冷却フォーク
実用:★★★★★
面白:★★★★☆

「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・

Photo by the INVENTORS! project

「子どもの落書き」を実際に製品化したら、めちゃめちゃ楽しそう・・・
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。