体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異国情緒満載!トルコで買っておきたいおすすめのお土産15選

Photo credit: kiki「トルコひとり旅」

Photo credit: kiki「トルコひとり旅」

こんにちは。TRiPORTライターのOkkAです。
旅行に行ったらお土産は欠かせませんが、トルコのお土産をパッと思い浮かべられる人は少ないのではないでしょうか? お土産を買う際に悩まないように、おすすめのトルコ土産を15品紹介しますので参考にしてみて下さい。

1. キリム

Photo credit: Dehua Carpet via flickr cc

Photo credit: Dehua Carpet via flickr cc

キリムとは、トルコなど西アジア一帯で暮らす遊牧民によって手作業で織られてきた平織物で、絨毯とは違い毛足がないことが特徴です。民芸品の多いトルコのお土産といえば、キリムを浮かべる人も多いはず。
サイズは50×40cm前後のミニサイズ~200×140cm以上のカリヨラ・ケッレサイズと幅広くあります。
キリムは大きく2つに分けられ、1つは現在織られた新しいキリム、もう1つは30年以上前に遊牧民女性たちが織ったオールドキリムです。キリムは絨毯以外にもクッションカバーやバッグ、スリッパなどがあります。
またキリムには様々なモチーフを施しているのが魅力の1つです。モチーフ毎に意味があるので、買う前に渡す相手にぴったりのモチーフを見つけてみてはいかがでしょうか。モチーフの意味はこちらから。

2. 陶器

Photo credit: Brian Jeffery Beggerly via flickr cc

Photo credit: Brian Jeffery Beggerly via flickr cc

トルコの代表的な陶器はキュタフヤ陶器と呼ばれ、古くからトルコの都市キュタフヤで作られてきました。職人がひとつひとつ手作業で描き上げた芸術的な模様のデザインは見ているだけでも楽しくなります。
種類は高価な大皿から安価なマグカップ、タイルマグネットまで幅広くあり、お土産にも最適です。お気に入りのデザインを見つけてみてください。
またカッパドキア付近の街アヴァノスで作られる陶器は、トルコ最長の川グズル・ウルマックの川底の赤い土で作られています。そのためキュタフヤ陶器とはひと味違ったデザインなので、比べてみるのも面白いですよ。

3. オヤ

By Murteza 34 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Murteza 34 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commonsオヤとはトルコの伝統手芸の1つで、縁飾りを意味する言葉です。
オヤは技法によっていくつかに分類されます。縫い針(iğne)を使って編むイーネオヤ、かぎ針(tığ)を使って編むトゥーオヤ、シャトル(mekik)を使って編むメキッキオヤ、ヘアピン(firkete)を使って編むフィルケテオヤといった種類があります。また、ビーズ(boncuk)の装飾を施したものはボンジュクオヤと呼ばれます。
形は花をモチーフにしたものが多く、色は鮮やかなものから落ち着いたものまで! スカーフやピアス、ネックレス、ブレスレットなど色々なものに使われています。かわいいので女性へのお土産にはぴったりですよ。

4. モザイクキャンドル

出典:アクセサリー&トルコ雑貨オリエントバザール楽天
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。