体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べるなら本場で!ベルギーワッフルの種類とお店紹介

Photo credit: Eika Akasaki「【ブリュッセル】ベルギービールにベルギーチョコにワッフルに大変。」

Photo credit: Eika Akasaki「【ブリュッセル】ベルギービールにベルギーチョコにワッフルに大変。」

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
ベルギーといえば、ワッフル! ベルギーでは、ワッフルをGaufre(ゴーフル)と呼びます。
食べるなら本場のベルギーワッフルを味わいたいですよね。今日は、そんなベルギーワッフルの種類とおすすめのお店を6ヶ所ご紹介します。

ベルギーワッフルとは?

ワッフル発祥の地として有名なベルギーには2種類のワッフルがあります。

リエージュ・ワッフル

Photo credit: stu_spivack via flickr cc

Photo credit: stu_spivack via flickr cc

日本でもよく見かける丸いタイプのワッフルですが、こちらは大きめの楕円形が特徴です。
また、パールシュガーという粒の砂糖が入っているので、そのまま食べても甘さがあり、カリカリとした食感を楽しむことができ、食べ応えがあります。

ブリュッセル・ワッフル

Photo credit: Yumi Kimura via flickr cc

Photo credit: Yumi Kimura via flickr cc

ふわふわの生地と大きな長方形の形が特徴的なブリュッセル・ワッフルは、食感がふわりとしていているため、リエージュ・ワッフルよりも軽く食べれます。
また、生地に甘さがないため、トッピングが楽しめるワッフルです。

<おすすめのトッピング>
粉砂糖、蜂蜜、チョコレートソース、フルーツソース、アイスクリーム、生クリーム

世界のワッフル事情

ワッフルといえば、日本でも馴染み深いのがリエージュ・ワッフルとブリュッセル・ワッフルですが、他にもいろんな種類があることをご存知ですか?
世界各国のおすすめワッフルをご紹介します。ぜひトライしてみてくださいね。

香港風ワッフル

Photo credit: peter cheng via flickr cc

Photo credit: peter cheng via flickr cc

香港で人気の、格仔餅(ガッチャイベン)は大人から子供まで人気のあるワッフルです。
バター、砂糖、練乳、ピーナッツバターが加えられた生地を、大きめの丸型ワッフルで焼く格仔餅は甘い味と柔らかい食感が病みつきになります。
カロリーが高いので食べすぎには注意です!

ソフトワッフルクッキー

ワッフルベーカーで焼きあげられるタルテレッタのオリジナルワッフルクッキーは、外はサクッ、中はモチッとした不思議な食感が楽しめるワッフルクッキーです。

ストロープ・ワッフル

Photo credit: Jacques Renier (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit: Jacques Renier (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。