ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モーリス・ホワイト(アース・ウインド&ファイアー)逝去、ソニー・ミュージックが追悼文を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

©Courtesy of Sony Music Entertainment
アース・ウインド&ファイアーの公式フェイスブック及びツイッターで、バンドのメンバーで実弟でもあるヴァーディン・ホワイトが、2月3日(現地時間)にモーリス・ホワイトが死去したことを報告。その知らせを受け、1970年代から長年にわたり彼らのレコードやCDをリリースするソニー・ミュージックが追悼文を発表した。

<ソニー・ミュージック追悼文>
ソニー・ミュージック Legacy Recordingsは、R&B/ポップ・ミュージックの世界を精力的に開拓したグループ、アース・ウインド&ファイアーの創設者である故モーリス・ホワイト氏に哀悼の意を表します。R&B、ファンク、ソウル、ジャズ、ポップ、そしてワールド・ミュージックをひとつにまとめた天才、モーリスは生まれながらに先見の明を持った人でした。彼の音楽は永遠に生き続けるでしょう。

またオバマ米大統領も自身のフェイスブックで哀悼の意を表している。

「ミシェルと私は、モーリス・ホワイト氏の訃報を聞き悲しみにくれています。アース・ウインド&ファイアーとモーリスは、ジャズ、ソウル、ファンクとR&Bを融合させることでアメリカらしいサウンドを作り上げ、世界中で何百万人ものファンを獲得しました。彼らのプレイリストは時代を超越し、今でも誕生日パーティーやバーベキュー、結婚式、久しぶりの家族の再会などあらゆる場面で我々を一つにしてくれます。そんな人々を惹きつけてやまない洗練された歌を作ることができたのはモーリスしかいません。あらゆる世代の多様なアーティストたちに刺激を与えることができたのは彼だけです。そしてグルーヴの力で、老いも若きも、黒人も白人も、すべての人をダンスフロアに誘えたのは彼だけです。私たちの想いと祈りはモーリスのご家族や友人、バンドの仲間と共にあります。今夜、彼は天国で輝く星(シャイニング・スター)です。」

モーリス・ホワイトは人気バンド、アース・ウインド&ファイアーを結成し、リーダー/ヴォーカリスト/ソングライターとして、1970年代から「セプテンバー」や「宇宙のファンタジー」、「ブギー・ワンダーランド」「シャイニング・スター」、「レッツ・グルーヴ」など数多くのヒットを放った。

日本でも1979年以来たびたびコンサートを行い、絶大な人気を獲得。これまでに6度グラミー賞を受賞し、アルバムの総売り上げは全世界で9000万枚以上に達している。また、1985年には唯一のソロ・アルバムとなる『スタンド・バイ・ミー』(原題:Maurice White)をリリースし、シングル「アイ・ニード・ユー」はCMで使用されヒットした。モーリスはパーキンソン病を20年前から患っており、2000年代に入ってからはコンサートには参加していなかった。なお、死因は発表されていない。

また、アース・ウインド&ファイアーは2月15日(現地時間)に行われるグラミー賞で、「ライフタイム・アチーヴメント(功労賞)」を受賞することが決まっている。

関連リンク

アース・ウィンド&ファイアー 日本レーベルサイト:http://www.sonymusic.co.jp/artist/EarthWindandFire/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP