ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロト6やミニロト 閏年の2月によく出ている数字が存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年は4年に1度の閏年(うるうどし)。この違いは宝くじにも表れていて、ロト6やミニロトでは「閏年の2月によく出ている数字」がある。

 閏年の2月に抽せんされたロト6は、これまでに16回あり、最も多く出ているのは22で、7回も出現している。次に多いのは43(6回)、02、10、15(各5回)となっている。

 全体的に小さい数字がよく出ていて、特に10番台(10~19)が多く、30番台(30~39)は出にくくなっている。

 一方のミニロトだが、こちらはこれまでに17回の抽せんが行われた。最多出現は11(8回)で、2回に1回の割合で出ている計算になる。

 次点は17、18、20で、それぞれ6回ずつ出ている。ロト6とは逆に、ミニロトでは大きい数字がよく出る傾向にある。

 ミニロトは31までの数字の中から5つを選ぶので、カレンダーを見ながら数字を決めるという人も少なくないようだ。そのため、2月の日付に存在しない30や31を積極的に入れることで、高額当せん金の可能性が期待できる。ひとつの攻略法としてぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ロト 数か月前から「21」が理論値を超え多数出現している
「ロト」12月に最も出ない数字は「12」 避けるほうがいい?
ミニロト 8月に狙いめの数字は「10」「19」「23」「30」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。