ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三田佳子 76才まで歌い続けた伝説の歌手役は「天命…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブロードウェイのトニー賞ノミネート(最優秀女優賞)作品『スーベニア SOUVENIR ~騒音の歌姫~』の製作記者発表会が行われ、主演の三田佳子ほか、出演者の京本大我(SixTONES)、菊地美香、池田努、ジェロが登場。

 作品は、100年前のフランスで、46才にして歌い手として人生に目覚め、76才まで歌い続けた歌手・フローレンス・フォスター・ジェンキンスを描くもの。「音痴」として知られているが、亡くなる1ヶ月前にニューヨークのカーネギーホールを満席にしたという伝説を持つ。

 三田はこの役については、「天命だと思ってやらせていただく」と語った。作中では、74才の三田がマネジャー役の21才の京本とキスをするシーンも。三田は京本のことを「お人形さんみたい」と絶賛。京本は「がむしゃらにやる」と意気込みを語った。

 なお、ジェロは公演ごとに名曲を披露する「ストーリーソングステラー」として登場。発表会には来なかったが、ほかにもストーリーソングステラーとしては、相川七瀬、因幡晃、木根尚登、Chage、ばんばひろふみら豪華アーティストが登場する。

 東京公演はBunkamuraシアターコクーンで2月19日から3月6日までで、大阪公演はサンケイホールブリーゼにて3月9日から10日まで。なお、同作の映画版『偉大なるマルグリット』が2月末に上映される。

撮影■高柳茂


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東京国際映画祭ラインナップ発表 メガネ姿で竹内結子登場
広瀬すず 柴犬と新CM発表会に登場、かわいらしい2ショット
「超新星」のユナク「撮影に向けSK-IIでお手入れ中」と告白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP