ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナオミとカナコ 90年代アイドル広末&内田を起用の意味とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ベストセラー作家奥田英朗氏の同名小説が原作のドラマ『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)が話題だ。大学時代の親友である2人がDV夫の殺害計画を企む物語で、出演しているのは広末涼子(35才)と内田有紀(40才)だ。2人の起用には実は大きな意味があると、テレビ解説者の木村隆志さんは指摘する。以下、木村さんの解説だ。

 * * *
 90年代は現在のようなグループアイドルではなく、女優がアイドルシーンをけん引していました。まず90年代序盤にブレイクしたのは、宮沢りえさん、観月ありささん、牧瀬里穂さんの“3M”。「アイドル女優としてドラマ主演しつつ主題歌を歌う」という形を定着させましたが、90年代中盤に入ると広末涼子さんと内田有紀さんが、その流れを引き継ぎました。

 2人が約20年の時を経てようやく初共演というのも驚きますが、『ナオミとカナコ』でのダブルヒロイン起用には大きな意味があります。それは「大学時代の親友である2人がDV夫を殺す」という作品のテーマ。同じ時代に同じアイドル女優として生き抜いた広末さんと内田さんは、言わば唯一無二の盟友。それだけに、ナオミとカナコの大学時代に広末さんと内田さんの90年代が、ナオミとカナコの再会後に広末さんと内田さんの現在がオーバーラップするような構図になっています。

 ナオミとカナコは、2人がアイドル女優だったころには決して演じることのない役。だからこそ、広末さんと内田さんが約20年に渡って培ってきた女優としてのスキルや、成長した姿を見せるにはうってつけと言えます。実際、今作では90年代のようなスマイルは封印して、広末さんは鋭い眼差しと低い声で危うさを、内田さんは全身から絶望感を醸し出しています。

 一方、制作サイドの意図も明確。「ティーンのころから芸能界でもまれ、人生経験を重ねてきた2人ならではの力強さを引き出す」ために、原作小説で29歳だった年齢設定を35歳に上げました。アイドル女優からの脱皮に苦しみ、プライベートでも波乱万丈だった約20年もの年月が、2人の演技にどんな影響を与え、変化をもたらしたのか。DV夫の殺害や、逮捕の恐怖におびえるシーンが続く中盤以降では、これまで見せたことのないような熱演が期待されています。

 重苦しいテーマであり、陰のある役だけに、2人にかかる負担は私たちの想像以上に大きく、撮影現場はハード。役のナオミとカナコだけでなく、広末さんと内田さん自身も精神・肉体の両面で極限状態まで追い込まれていく様子も見どころのひとつです。

 最終回のラストシーンで2人がどんな演技を見せるのか? そして、2人の枕詞のように使われ、いまだ人々の残像に残る「アイドル女優」という枷を完全に払拭できるのか? 犯罪から逃れようとするナオミとカナコ、アイドル女優から逃れようとする広末さんと内田さん。ともに見守る価値十分です。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。さらに、独自のコミュニケーション理論をベースにした人間関係コンサルタントとして、1万人超の対人相談に乗っている。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
NHK主演の内田有紀「女性ならでは激しいバトル楽しんで」
作家・奥田英朗の「お遍路」の楽しみ まずは讃岐うどんから
高校生男子の性にまつわるリアルな日常が炸裂する青春物語

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP