体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分には何ができるのか」――ベンチャーに飛び込み、600人を超えるマネジメントを経験した株式会社サイバー・バズ社長が考えるマネジメント論

「自分には何ができるのか」――ベンチャーに飛び込み、600人を超えるマネジメントを経験した株式会社サイバー・バズ社長が考えるマネジメント論

サイバー・バズの代表取締役を務める高村彰典さんは、立ち上げ期のサイバーエージェントに入社し、マネージャー、営業統括、統括本部長、取締役を歴任。その後2010年10月から子会社サイバー・バズの社長に就任。ITベンチャー黎明期を経験し、さまざまなサイズの組織を見てきた高村さんが語るマネジメント論とは―――。

f:id:careerca:20151028180633j:plain

高村彰典さん/株式会社サイバー・バズ 代表取締役

1974年生まれ、岡山県出身。青山学院大学を卒業し、1997年に興和株式会社へ入社。その後1999年に株式会社サイバーエージェントへ入社する。インターネット広告代理店事業にてトップセールスを誇り、マネージャー、営業統括、統括本部長を経験。2005年にはサイバーエージェントの取締役へと上り詰める。その後5年間取締役を務め、2010年10月に株式会社サイバー・バズ代表取締役に就任。

f:id:careerca:20151028180652j:plain

「自分には何ができるのか」

高村さんが社会人となった1997年、そして翌年の1998年は、山一證券や北海道拓殖銀行のような、決して倒産しないだろうと思われていた会社が相次いで倒産した年だった。時代の変化を感じ取った高村さんは、大きな会社で働き続けるよりも、スピード感のあるベンチャー企業で経験を積み、「自分でやる力」を身につけることが重要だと感じたのだという。

そこでまだ立ち上げたばかりのベンチャー企業だったサイバーエージェントへの転職を決意。これまでとは全く違うスピード感の中で仕事を続けた高村さんは、やがてサイバーエージェントの取締役を担うほどに上り詰める。

最初は4~5人のグループから数百人の組織まで、大小さまざまな組織をマネジメントしていく中で磨かれた、高村さんのマネジメント論を聞いた。

f:id:careerca:20151028180713j:plain

「数字」から「組織作り」へと視点が変わった営業統括時代

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会