ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はじめてのプロ野球キャンプ! 千葉ロッテマリーンズのキャンプに行ってみた@石垣島

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2月になると沖縄を中心に暖かい地域で一斉に行われるプロ野球キャンプ。
プロ野球のことは好きでも、なかなかキャンプまで見に行くことはできないという人も多いのではないでしょうか。
実は僕もそのひとりで、いまだかつて一度もキャンプを見に行ったことはありませんでした。

ところが今年の冬はちょうど沖縄に滞在していたので、キャンプを見るまたとないチャンス!
というわけで、僕が大好きな千葉ロッテマリーンズのキャンプが開催されている石垣島まで移動し、キャンプ見学をしてみることにしました。

いざ、石垣市中央運動公園へ!


石垣島のターミナルから徒歩で約30分。(バスもありますが)
キャンプ地となる石垣市中央運動公園が見えてきました!


公園内に入ると、会場の案内図が用意されていました。
野球場が2面、陸上競技場が1面、さらに室内練習場やサブグラウンド、打撃練習場にブルペンと、なかなか充実した施設です。
キャンプシーズンが終わるといったいどんな使い方をしているのでしょうか。気になります。


まずはメイン球場の方に向かって行くと、球場の入口にはグッズ販売コーナーが。
キャンプでは選手からサインをもらったり写真を撮ったりしやすいと聞きますが、グッズコーナーでは無地のボールや色紙、サインペンなどが販売されています。
こういったグッズが公式に販売されてたりすると、「選手も積極的にサインしてくれたりするんだろうな~」と、期待が高まります!

キャンプ見学スタート!


メイン球場の中に入ると、一軍メンバーがウォーミングアップを開始していました。
プロ野球の試合をおこなうグラウンドではないので、選手との客席の距離がかなり近く感じます。
そして応援団がいるわけでもないので、選手の声が普通に聞こえてくるのです……!
この臨場感はすごい!

まだ本格的な練習が始まっていないので、そのうちに他のグラウンドにも行ってみることにします。

第二球場はさらに選手との距離が接近!


続いて、二軍メンバーとベテラン選手が使用する第二球場に足を運んでみました。
こちらはメイン球場よりもさらに選手との距離が近いことに驚きます。


選手のロッカーが球場外に仮設で用意されているため、選手がすぐ目の前を普通に歩いてくるのです!
選手が利用するトイレにも普通に入れたりします。
もはや選手とファンの境目がほとんどありません。これはすごい!
ちなみに写真は注目の高卒ルーキー・原選手です。


グラウンドの中では選手たちがキャッチボールを始めましたが、とにかく距離が近いのでスマホなどのカメラでも簡単にきれいな写真が撮れちゃいます。


こちらの写真はピッチャーの藤岡選手。今年は期待してるぞ!


こちらはノックを受け始めた福浦選手とサブロー選手。
ベテランらしくまだのんびりと調整していますが、それでも至近距離で見られるのはすごい!

プロの凄さを目の前で感じるブルペンに移動!


次に移動したのは投手陣が投球練習をおこなうブルペン。
選手が横一列に並び、次々にボールを投げ込む姿はまさに圧巻!
ボールがキャッチャーミットに吸い込まれた瞬間にすごい音が響き渡ります。
テレビで野球中継を見ていると「なんでそんな球投げるんだよ!」とヤジを飛ばしたくなりますが、一度これを見たら「こんな球を打ち返すバッターってすげえ!!」と価値観が変わりますね!

ブルペンの迫力に圧倒され、ついついここには長居してしまいました。

フードエリアも充実!しかもリーズナブル!

ブルペンで見学をしていたらお腹が空いてきたので、昼食をとることにしました。
フードコーナーには5店舗くらい出店されていて、どの店にも豊富なメニューが用意されています。


こちらはとある店舗のメニューなのですが、石垣牛やあぐー豚など沖縄・石垣島の名産料理がいっぱい!
しかも石垣牛の焼肉丼や牛すじ丼などが500円と非常にリーズナブル!
これは食べるしかないでしょ、石垣牛を!


こちらが石垣牛の焼肉丼。
受け取ってすぐに風でレタスが飛ばされてしまったので少し寂しい部分がありますが、なかなかずっしりとご飯が入っています。
しかも「ゆし豆腐スープ」も無料でサービスしてくれました!

500円ということもあってお肉の量は気持ち少なめで、形も不揃いだったりしますが味は激ウマ!
めちゃくちゃジューシーで柔らかいお肉です。
これで500円なら大満足ですね!


他にも、風が冷たかったので買いませんでしたが、色鮮やかでウマそうなかき氷が100円だったり、とにかく良心的な価格設定に驚きました。
これがあるだけでも、家族連れで遊びに来やすくなったりするかもしれませんね。

室内練習場では目の前でバッティング練習!

昼食後はメイン球場に戻ったり、また他のグラウンドを回ったり、いろいろな施設で見学を続けましたが、特に凄かったのが室内練習場でのバッティング練習でした。


主力選手のひとり、角中選手がマシンを相手に黙々とバッティング練習をしていたのです。
その練習をバッティングセンターの隣のゲージくらいの距離感で見学できるのですから凄まじい迫力!
バッティングの技術はもちろんですが、集中力の高さもビシビシ伝わってきました。
今回のキャンプ見学で一番いいモノを見れた、という感じですね。

写真撮影してもらえた!サインももらえた!

そうこうしているうちに全体練習が終わり、あとは個別での練習時間となりました。
この時間になると選手のグラウンド間の移動が増え、写真撮影やサインGETのチャンスが増えてきます。
僕も何人かからサインをしてもらったり、写真を一緒に撮ってもらったりしました。


こちらはキャプテンの鈴木大地選手。
サイン待ちの人が並んでいるところに紛れて並び、見事サインをGETすることができました!


GETしたサインボールがこちら。
これはなによりの記念になりますね!


今年入団した期待の即戦力・関谷投手とも写真撮影してもらいました。
強風でこちらがひっどい顔をしている中、表情をまったく変えない関谷選手。
これは強風で知られるQVCマリンスタジアムでの活躍も期待できそうです。

試合観戦とはまた違うプロ野球の魅力を再確認!


ほかにも、取材を受けている選手のようすを遠くで眺めたり、普段見ることができない部分をたくさん見ることができ、非常に満足度の高いキャンプ見学となりました。

とにかく選手との距離が近く、選手ひとりひとりの人柄や性格なども伝わってきます。
石垣島住民の方々もたくさん応援にきていたのですが、試合は見てないけど毎年キャンプには通い詰めているという方が結構いらっしゃったのが印象的でしたね。
キャンプ地まで足を運ぶのはなかなか大変かもしれませんが、興味があるなら旅行がてら足を運べばきっと楽しめると思いますよ。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP