体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!

世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、もちろんクレジットカードもない状況での過酷なレース、それが「Red Bull Can You Make It」です。

レッドブルと物々交換で
ゴールを目指す所持金ゼロの旅

Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!

Photo by Olaf Pignataro/Red Bull Content Pool

Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!

Photo by Maxime David / Red Bull Content Pool

2014年からスタートした、エナジードリンク「レッドブル」が主宰するこのプロジェクト。お金を一切持たない状況で、手持ちのレッドブル24本を物々交換しながら旅をしていくトラベルアドベンチャー。ヨーロッパの5都市(エジンバラ、バルセロナ、フィレンツェ、プラハ、ベルリン)から同時スタートし、欧州各地に設置されたチェックポイントを、最低6カ所クリアして、ゴールを目指していくというもの。ちなみに、最終目的地は、2月初旬の時点でまだ明かされていません。

ポイントは交渉術にアリ?

Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!

Photo by Neil Emmerson / Red Bull Content Pool

Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!

移動、食事、宿泊に使うお金の代わりとなるのがレッドブル。このエナジードリンクを通貨として、物々交換することでしか道は切り開かれません。
移動手段はヒッチハイクが基本。レッドブル1本でどこまで走ってくれるんでしょう?

Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!

もちろん、日々のごはんもドリンクと交換です。これに応じてくれるレストランもスゴい。求められるのは、知性やサバイバル能力よりも交渉術かもしれませんね。

勝敗の分かれ道は
「いいね!」の数

たとえば、ほかのチームが車で移動するなか、セスナ機を飛ばしてもらうなんてことも、夢ではないかも!?

Red Bull(24本)を使って、物々交換をしながらヨーロッパを旅するレースが楽しそう!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。