ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

田原総一朗がニコファーレに登場 若者に「ジャーナリストの極意」を伝授

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニコファーレに初登場した田原総一朗氏

 ジャーナリストの田原総一朗氏は2011年8月30日、東京・六本木にあるニコファーレに初登場した。田原氏はニコファーレ初の”討論イベント”で、会場に集まったジャーナリスト志望の若者たちの質問に答えながら、長年の経験に裏打ちされた「ジャーナリスト論」を熱く語り、その極意の一端を伝授した。

 先月7月18日にグランドオープンしたニコファーレは、壁面4面と天井の360°に視聴者のコメントが流れる映像演出が特徴のひとつ。このニコファーレの機能を使った”初の討論イベント”に登場した田原氏は、長年にわたって日本の政治に切りこんできたジャーナリストだ。田原氏は、会場に集まったジャーナリスト志望の若者からの”挑戦”に対し、鋭く切り返すなど、貫禄の違いを見せていた。

 イベントでは視聴者から「ジャーナリストとしてアマチュアからプロに変わる条件は何か」という質問があった。これを受けて田原氏は「アマチュアとプロの違いはそれで食えるかどうかだ」とした上で、

「食えるためには、2条件ある。今まで誰もが発表しなかった新しい事実を出す。あるいは、今まで誰もが言わなかった新しい見方を出す。(2条件のうち)両方出せば、完全に商品になる。片方あればまぁ商品にはなる。両方無かったらダメだ」

と回答した。さらに「新しい視点・見方を持つために、ジャーナリスト志望の学生が日常的に訓練としてすべきことは何か」という質問が寄せられると、田原氏は「本を読むことだ」とし「古典は読んだほうがいい」と即答。その上で

「僕は40(歳)になってからマルクスの『資本論』を読んだ。学生時代に教えられたけど、全然興味がなかった。『資本論』を読んで、良かったと思った。何が良かったか。マルクスが(『資本論』で)言ったことは全部外れた。ただし『資本主義はこういうものだ』ということが実に分かりやすく説明してあった」

と自身の経験談を語った。このほかにも会場や視聴者の質問に対し、一つ一つ丁寧に答えていた田原氏だったが、自身が答えに窮すような質問が出てこなかったためか、最後の感想では「もうちょっと突っ込んでほしかったね」と、若者たちへの”注文”を笑顔で述べていた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 視聴者の質問部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv59493535?po=news&ref=news#01:07:53

(山下真史)

【関連記事】
ニコファーレでラップ・R&Bイベント開催、ニコ動の歌い手ら30人以上が集結
ニコファーレで”デジタル花火”11万発以上を打ち上げ「にーこやー」
360度から幽霊が迫ってくる! 新感覚ホラー映画、ニコファーレで上映
スガシカオ、ニコファーレで愛を歌う
「ニコニコ寄席」開催! 蝉丸P、百花繚乱、藤山晃太郎らニコ動で活躍の顔ぶれが集結

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。