ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誤嚥(ごえん)を回避させる、上手な食事方法

  • ガジェット通信を≫

誤嚥の原因とは?

飲み込む力が弱くなってくると、胃の方へ流れるはずの食べ物が肺の方へ流れやすくなります。このように誤って嚥下(飲み込む)することを“誤嚥”といいます

元気であれば肺の奥に入り込まないよう反射的に咳などをして吐き出しますが、体の機能が低下してくると、その反射が起こりにくくなります。すると肺に食べ物が溜まって炎症を起こし、肺炎になります。この肺炎のことを “誤嚥性肺炎” といいます。

誤嚥性肺炎の原因ともいえる“誤嚥”を回避するためには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

食べ物を食べさせる時に注意したいこと

1:前傾姿勢で食事をする

食事をするときの姿勢は、後ろに反り返るのではなく、どちらかといえば体を前に倒し気味にするとよいでしょう。

できればベッドの上ではなく、椅子に座った状態の方が前傾姿勢が取りやすくなります。ベッドの上で食事をする場合には、しっかりと体を起こし、背中にクッションなどを入れ、軽く前に重心がかかるような体勢を作るようにしてください。

2:あごが上がらないよう注意する

食事を口に入れる際、あごが上がってしまうと、口から食道までが一直線になり、飲み込みにくくなります。食べ物を口に入れるときは横から入れ、スプーンなどは斜め下に向かって口から抜くようにすると、あごが上がりにくくなります。

ひと口入れた後は喉仏が上下して、食べ物が口の中からなくなったのを確認してから次のひと口を入れるようにしてください。

3:食べ物はできるだけ噛むように促す

咀嚼が可能な人には、できるだけ食べ物を噛むように促してください。噛むことで唾液がでてくるので、飲み込みもしやすくなります。

飲み込む力が弱い人は、食べ物とお茶などの飲み物を交互に口に入れると、口の中に食べ物が溜まらずに、水分補給も同時にできます。

4:食べ物を食べやすくする

喉に詰まらせやすい食べ物は食べやすいサイズに刻んだり、食べられる状態ではない場合は避けることも必要です。一般的にはこんにゃくやはんぺん、お餅、人によってはひと口大のゼリーなども滑りやすく、喉に詰まりやすいので注意が必要です。ひと口大のものが喉に詰まると、気道をふさいで窒息する場合もあります。

まとめ

最初からすべてを実践するのは難しいかもしれませんが、介護される側の状態を見ながら、誤嚥を回避すべくベストな食事方法を見つけていきましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

排泄物をきちんとトイレでさせてあげる工夫はありますか?
老人をお風呂に入れる際に注意したいことは?
介護疲れで共倒れしないためには?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP