ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無駄な時間を省くためにも!簡単にできるデジタルデトックス7つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いまや私たちの生活に不可欠なスマホやPC。いつでもどこでもネットに繋がり便利になった一方で、気づいたらメールやSNSをチェックしていたり、必要以上の人間関係にストレスを感じてしまっていないでしょうか?

巷では、デジタル環境から距離を置く「デジタルデトックス」が注目されていますが、現代に生きる私たちにとって完全に離れるのはそう簡単なことではないでしょう。今回はスマホやPCと上手につき合うための、簡単にできるデジタルデトックスをご紹介したいと思います。

SNSを見る回数を制限する

facebookやツイッター、インスタグラムなどのSNS。気づいたら通知をチェックしてしまったり、友人が何をしているか気にしすぎてはいませんか? どこにいても誰かと繋がることができる便利なSNSですが、ダラダラ見続けることで本来やるべきことに集中できなくなってしまうことも。例えばSNSを開くのは1日に2〜3回までなど頻度を決めると、依存に陥ることなく上手に距離を保てますよ。

利用するSNSを最小限にする

何気なく登録してしまったけれど、実際には全然利用していないSNSはありませんか? 無駄にアカウントが残っているとIDやパスワードが流出してしまう可能性も少なくありません。またセキュリティ上の問題があれば個人情報が特定されることも。トラブルを防ぐためにも、使っていないSNSは退会するようにしましょう。

SNS上の人間関係を整理

友だちとの繋がりがうれしいSNSですが、「不必要な繋がり」にストレスを感じたことはありませんか? 簡単に「友だち」になってしまえるSNSですが、「もう一度会いたいな」と思わない人の投稿に「いいね」したりコメントするのは本当に必要な関係なのでしょうか? もしどこか煩わしさを感じるのであれば、思いきって一度SNS上の人間関係を整理してもいいかもしれません。

不要な広告メールの配信を停止する

ネットで買物をする時などメールアドレスの登録が必要となりますが、その後も広告メールやメルマガが届いていることはないでしょうか? もしそのメールを不要と感じるなら、受信後すぐに配信停止する習慣をつけましょう。受信トレイもすっきりし、本当に必要なメールが見やすくなりますよ。

食事中はスマホをいじらない

私たちの生活に欠かせないスマホですが、一緒に食事している人がいても触っている人が多いように思えます。話をしていてもスマホを見られてしまうと、ちゃんと聞いてくれているのか気になってしまうことも。料理の写真を撮った後などテーブルに置いてしまいがちなスマホですが、コミュニケーションを楽しむためにもバッグにしまうことを意識したいものです。

寝る前はスマホやPCを見ない

寝る前にベッドに入ってからも見てしまいがちなスマホ。ですがスマホやPCから発せられる光によって脳が活性化してしまい、寝付きが悪くなったり眠りが浅くなってしまうこともあるようです。できることなら就寝2時間前からはスマホやPCを避けるようにしましょう。

旅行中はネットから離れてみる

いつでもどこでもネットに繋がる今日この頃。最近では「圏外」を旅するデジタルデトックスツアーもあるようですが、このご時世なかなか圏外を訪れるのはそう簡単ではないでしょう。圏外旅行とはいかなくても、「旅行中はスマホやPCに触れない」と決めるのも十分デジタルデトックスになります。せっかくの非日常を味わう旅、目の前の美しい景色や一緒にいる友人や家族との時間を心ゆくまで楽しみたいものです。

日々の生活に欠かせないスマホやPC。便利な毎日の一方で「SNSに疲れた」「ネットに繋がらないと不安」など感じたら、簡単にできるデジタルデトックスで心をスッキリさせてみませんか?

[All Photos by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP