ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

沖縄のすこし早めの春を「花」をあしらった、彩り豊かなお食事で満喫してみない?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

視覚から春を感じる、鮮やかな花をあしらったお食事で、ひとあし早い沖縄の春を感じてみない?

沖縄県名護市の「カヌチャリゾート」は、やんばるの大自然にある大浦湾を臨むリゾートホテル。ただ今、「カヌチャ花庭(ハナナ)フェスタ2016」イベントとして、リゾート内を花でいろどり、来客を迎えている。

各レストランでも「花」を感じてもらおうと、花と旬の食材を使ったいろどり豊かな「ハナナメニュー」を提供。花をテーマとしたお料理やカクテルなどを用意している。

カジュアルイタリアン「パラディ」ではビュッフェ(4000円~・サ料・税別)を用意。肉をパリッと焼きあげ、やんばる産の野菜をふんだんに使った「やんばる鶏と色々野菜のハナナ仕立てバーニャカウダソース」など、エディブルフラワーの花をあしらった華やかな料理の数々が並ぶ。営業時間は18~22時(ラストオーダー21時半)のディナータイムのみ。

広東名菜「龍宮」では「龍宮花宴席」(5000円・サ料・税別)を用意。やんばる産の野菜をたっぷり使い、名護漁港から仕入れた白身の魚のあんかけチャーハンをはじめ、大満足のお料理をコースとして提供する。花をあしらうだけでなく、野菜をつかった造形など鮮やかな品数が並ぶ。17時~22時(ラストオーダー21時半)のディナータイムのみのメニュー。

バーラウンジ「カタラ」が提供するハナナカクテル「Beni」(800円・サ料・税別)は、数種の色の花をあしらったカクテル。春らしく桜リキュールをつかった、ピンクと白の素敵なカクテルだ。19~24時(ラストオーダー23時半)に提供する。いずれのメニューも3月31日までの期間限定。

「カヌチャリゾート」に咲く花と共に、お食事でもひとあし早い沖縄の春を満喫しよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。