ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飛行機も乗り放題の時代へ!?月額定額制の乗り放題サービス「OneGo」が正式リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Netflix(ネットフリックス)などの映像配信サービスやSpotify(スポティファイ)に代表される音楽配信サービスのように、近年、月額固定料金で好きなものを好きな分だけ自由に利用できるサービスが、様々な分野で広がりつつある。

・世界初、月額定額制の飛行機乗り放題サービスが誕生

広大な国土に多くの都市が分散し、飛行機が一般的な移動手段のひとつとなっている米国で、2016年2月1日、月額定額制の飛行機乗り放題サービス「OneGo(ワンゴー)」が、正式にリリースされた。

「OneGo」は、アラスカ州およびハワイ州を除く米国を網羅し、月額利用料を支払うことで、エコノミークラスのフライトを好きなだけ利用できるサービス。

米国内空港76カ所、700路線を、月額2,950ドル(約34万4650円)で利用できる「Nationwide」のほか、月額1,500ドル(約17万5250円)で西海岸の空港14カ所、35路線を利用できる「West」や、月額2,300ドル(約26万8710円)で東海岸を網羅する「East」など、エリア限定のサービスも展開している。

OneGoには、ユナイテッド航空・デルタ航空・アメリカン航空など、大手航空会社が提携。

いずれのサービスも、最大4回分のフライトを一度に予約でき、搭乗日の7日前までに予約するルールとなっている。

・飛行機も『乗り放題』の時代へ!?

従来は、フライトを利用するごとに、費用節約のため、航空券の価格を比較し、あえて乗継便といった不便なフライトを選択するなど、相応の時間や労力をかけるのが一般的であった。

OneGoでは、定額制ゆえ、個々のフライト価格を気にする必要がなく、フライトの予約プロセスを簡単にできるのが利点。

飛行機も、定額を支払うことで“乗り放題”となる時代が、近い将来、本格的にやってくるのかもしれない。

OneGo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP