ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAIO、アルミボディーのSIMフリースマホ「VAIO Phone Biz」発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VAIOは4日、都内にて「Windows 10 Mobile搭載スマートフォン 新製品発表会」を開催しビジネス利用に最適なSIMフリースマホ「VAIO Phone Biz」(型番:VPB0511S)を2016年4月下旬に発売することを発表しました。
VAIO Phone Bizはその名の通りビジネスパーソン向けではありますが、法人向けの販売の他に、個人向けとして「VAIOストア」や「BIGLOBE」、「楽天モバイル」などで購入できます。今後は量販店での取り扱いも予定しているとのこと。

 

ビジネス向けということもあり、発表会にはマイクロソフト 取締役 代表取締役 社長・平野拓也氏や、NTTドコモ 取締役常務執行役員 法人ビジネス本文長・高木一裕氏らが登壇。平野氏は「Windows 10 Mobile」の優れたセキュリティ面や、Officeアプリ標準搭載、外部ディスプレイに接続してデスクトップパソコンのように操作できる「Continuum」機能等紹介。

 

高木氏はNTTドコモ(以下、ドコモ)の4つのバンドに対応し、さらにキャリアアグリゲーションで受信最大225Mbpsの高速通信を可能としていることを発表し、ビジネス利用においても快適に利用できることをアピールしました。

 

ディスプレイは5.5インチのフルHD(1080×1920ドット)で、Officeアプリの閲覧・編集が実用的に行えるサイズです。内蔵メモリー(RAM)は3GB、内蔵ストレージ(ROM)は16GB、外部ストレージとして最大64GBのmicroSDが利用できます。
CPUには、ミドルクラスのQualcomm Snapdragon 617(1.5GHzクアッドコア + 1.2GHzクアッドコア)を搭載し快適な操作を実現しています。

 

カメラは背面に約1,300万画素、前面に500万画素のCMOSセンサーを搭載。バッテリーは2,800mAhと大容量になっています。背面はアルミニウムの削り出し堅牢性と美しさを実現。表面は細かなブラスト加工がなされており、長く握っていてもベタベタしないサラサラした手触りに感じました。5.5インチディスプレイというとこで横幅は約77mmと大きく、またアルミニウム製ボディのため重さも約167gあります。しかし、手にしてみると見た目や数値以上に軽く感じました。プラスチック製ボディの多いSIMフリースマホ市場において、このアルミニウムボディは1つのアイデンティティになりそうです。

 

会場にはVAIO Phone Bizを外部ディスプレイとキーボード、マウスをワイヤレス接続したContinuumの展示も行われていました。外部ディスプレイを見ながらデスクトップPCのようにマウスで操作してキーボードで入力することができるため、Officeアプリの作業効率がアップします。こうして作成・編集したOffice文書をVAIO Phone Biz経由でマイクロソフトのクラウドサービス「OneDrive」に反映させ、共有作業できることも使い勝手の良さのひとつ。

 

VAIO Phone BizはVAIOらしい製品へのこだわりと、「安曇野FINISH」と呼ばれる専任の技術者がひとつひとつチェックする品質管理を行っているとのこと。価格は5万円台に見る通しですが、性能やデザイン、さらに品質管理を含めて納得感があるのではないでしょうか。

またこの製品の凄さを感じたのはネットワーク対応へのこだわりです。ドコモが現在提供するすべての周波数帯と、キャリアアグリゲーションに対応しているSIMフリースマホはまだまだ多くありません。ビジネス利用での重要なポイントである「つながる」ことと「快適に使える」を実現しています。

Windows 10 Mobile機は、まだまだ対応アプリケーションの少なさと、日本語入力など実用性は進化の途中といった印象ですが、VAIO Phone Bizの登場で価格や性能だけではなくデザインでも選べるようになってきたことは喜ばしいことですね。

(文:mi2_303)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP