ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋人がいるときにこそ、ひとり旅をするべき6つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

西オーストラリア・パースに暮らすライターCamha Pham氏は、ヨーロッパを単独で旅した経験の持ち主。当時、彼女には付き合っていた彼氏がいました。でも、彼女はこう断言します。「恋人がいるときにこそ、ひとり旅を経験した方がいい」。

自身の体験も最高だったと書いています。読んでみるとたしかに納得できる要素があるんですよね。参考にしてみては?

恋人がいる時にこそ
ひとり旅に出かけよう

最近、わたしはバックパックを背負って、初めてひとりで旅行に出かけました。今までの人生や恋愛経験のなかで最高の決断だったと思います。

ホステルに滞在している間は、様々な経験を持った旅行者にたくさん出会いました。彼らとの会話で彼氏の話題を出すと、いつも同じような反応が返ってきました。

「彼氏はこないの?どうして一緒じゃないの?」

「彼はあなたがひとりで旅してて平気なの?」

わたしはこう答えます。「2人の関係がしっかりしているから、別れる心配はないの」。こんな質問はザラですが、恋人がいるときにこそ旅をするべき理由はたくさんあるんです。

01.
気持ちを解放して
エネルギーをチャージ!

健全な恋愛関係を維持するためにはお互いに歩み寄ることが必要です。だけど、時にはひとりでいる時間も大切。旅で、エネルギーを再充電しましょう。

アートギャラリーやショッピングモールをぐるぐる周り、ホステルのベッドでだらだら時間を過ごしてもOK。新しい出会いもあります。パートナーと一緒にいる時間が長いと、知らずのうちに人との出会いは減りますよね。外国のホステルのシェアスペースで、見知らぬ人と旅について語り合い、友達になることほど楽しいことはありません。

02.
「自分探し」の答えが
ふたりにとってプラスに働く

長い間恋人と一緒にいて、自分がどんな人間だったかを忘れてしまうことがあります。パートナーと一緒にいたいと思うのは自然な感情ですが、ひとりで考える時間を増やすことで、自分の心が確かになれば、ふたりの関係にも新鮮さを取り戻すことができるはずです。

03.
できないと思っていたことが
できることに気づいた

普段、自分がどれほど恋人に頼ってしまっているかは、なかなか気づけないものです。わたしは方向音痴なので、いつも彼氏に頼っていました。力も強くないので、重い荷物を持ってもらったり、缶詰の蓋を開けてもらったりもしました。

だけど、自分だけでヨーロッパを旅行して、予定通りに家に帰れたのです。自分でも驚きました。自分がスーパーヒーローになったかのように頼もしく感じました。小さな達成感をたくさん積み重ねる一番の方法がひとり旅なんです。きっとあなたも帰ってくる頃には、自信に満ち溢れた状態になれるはず。

04.
変に関係を持ったりしない
安心して旅できる

ひとりで旅行しているときに、他の旅行者と性的な関係を結ぶのは、リスクがあるもの。確かに楽しいかもしれませんが、すぐに表面的なものだと気づくでしょう。ただ性的に結ばれるだけでは、次の街に到着する頃にはきれいサッパリ忘れてしまうはず。

恋人がいながらの旅は、純粋に相手の話に興味を持つために役立ちます。下心を抑えることもできますよ。断る理由が明確にあるだけで、随分変わってくるものです。

05.
離れることで
恋人との絆が強くなる

たしかに不安もあるかもしれませんが、これができれば、大抵恋人との関係はうまくいくのでは?お互いの信頼と愛を確認するのです。

恋人を信頼することは大切なこと。旅は、お互いの「絆」を深めるためにも役立ちます。

06.
「帰り」を待っている人がいる

これこそ恋人がいる時にひとりで旅をするべき最大の理由だと思うのです。帰ってきた時に、空港に迎えに来て、温かいハグとキスをしてくれる誰かがいる。それってとても特別なことだと思いませんか?

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

年収3,000万円を手放し、51歳の男性が旅に出た
乙女座の人を愛する前に知っておくべき「9のこと」
誰からも愛される人「8の習慣」実は、生まれつきではなかった・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP