ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの名画も!表参道で開催中の「マスキングテープアート展」が見逃せない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対しては、主に女性から熱い視線が注がれています。

カラフル!
これ、全部マスキングテープ

豊富なバリエーションとクオリティの高い和紙素材が魅力の「マステ」は、スクラップブッキングなどのデコレーション用品として、またラベル用途などの便利な日用品として、幅広く使用されています。近年では、その「マステ」が、画材としてアートシーンに登場するようになっているのだそう。


今回の「マステ」アート 2016 Spring 展では、4名のアーティストによるアートを展示。ここまでに登場した“心あたたまるハート”は、いづれも西村公一氏の作品です。


「最後の晩餐」「真珠の耳飾りの少女」「モナ・リザ」をモチーフにしたこれらの作品の生みの親は、船原七紗氏。(「マステ」以外のマスキングテープも使用)

こちらはイラストレーターの山本直孝氏の作品。

マークスは「マステ」アートや「マステ」を画材に用いるアーティストの活動を積極的に支援している模様。今後も「マステ」が作り出す新たな世界を発信していくそうなので、ぜひお楽しみに!

Licensed material used with permission by 株式会社マークス

関連記事リンク(外部サイト)

まるで絵画!オシャレな「壁掛けプランター」が話題に
もし、名画の中の人物たちが動き出したら・・・(動画)
最後に自然に触れたのはいつ?「I am Nature」に考えさせられる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP