ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米20世紀フォックス、小説『海底2万マイル』をブライアン・シンガー監督と映画化することを決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブライアン・シンガー監督が、『海底2万マイル』を自身の脚本をもとに監督したいと発表した5か月後、米20世紀フォックスは、『海底2万マイル』の映画製作を手掛けることを決めた。

『海底2万マイル』の映画化は、2000年公開の映画『X-MEN』以降、シンガー監督が米20世紀フォックスと手掛ける5作目の作品となる。シンガー監督は同スタジオと、『X-MEN』シリーズである『X-MEN2』、『X-MEN:フューチャー&パスト』、最新作『X-MEN:アポカリプス』の3作品を監督した。『X-MEN:アポカリプス』は、今年5月27日に米劇場公開する。

シンガー監督は昨年9月17日(現地時間)、自身のインスタグラムに、『海底2万マイル』の脚本の画像を投稿した。

シンガー監督は、「今日は私の50歳の誕生日で、ちょうど次の映画作品の脚本を仕上げたところだ。子どもの頃から再度語りたいと思っていたストーリーだ」と、綴った。また、「全ての世代にとって壮大で感動的な冒険となることを約束する!私が心から愛している冒険だ。『X-MEN』シリーズのことも忘れないでくれよ。最新作『X-MEN:アポカリプス』とその後の展開に興奮している」と、加えた。

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』は、全世界で7億4800万ドルの全世界での興行総収入を記録し大成功を収めた。

ジュール・ヴェルヌ原作の1870年の小説『海底2万マイル』は公有財産(パプリックドメイン)だ。すでにいくつかの映画作品になっており、最も有名なのは、ジェームズ・メイソンとカーク・ダグラスが出演した1954年の米ウォルト・ディズニーによる映画『海底二万哩』だ。

シンガー監督は、他にも『ユージュアル・サスペクツ』、『ゴールデンボーイ』、『ワルキューレ』、『ジャックと天空の巨人』を監督している。シンガー監督は、自身が監督する全てのプロジェクトでプロデューサーも務め、また、マシュー・ヴォーン監督の2011年公開の映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』もプロデュースした。

このニュースは、デッドライン・ハリウッド(Deadline Hollywood)が最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP