体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NenaMarkにSamsung SC-03Dが登場、デュアルコア1.5GHzのSnapdragonを搭載か

ベンチマークアプリ「NenaMark」の公式サイトに「SC-03D」を名乗るSamsung製端末のスコアと一部のスペックが登録されていました。「SC-03D」はNTTドコモ向けのXi(LTEサービス)に対応するAndroidスマートフォンと予想されている端末で、Wi-Fi Allianceの認証情報でそのモデル名を確認することができます。NenaMarkの情報では、解像度は800×480ピクセル、CPUクロックは1.5GHz、GPUはQualcomm Adreno 220、OSはAndroid 2.3.5と表示されています。CPUクロック・GPUの種類からデュアルコアCPUのQualcomm Snapdragon System 3(MSM8x60、APQ8060など)を搭載すると思われます。画面の解像度やCPUクロック・GPUの種類が9月に韓国で発売予定の「SHV-E110S」と一致することから、偽装で泣ければ「SC-03D」はSamsung “Celox“をベースとした端末なのかもしれません(そういう噂は前から出ていましたが)。Source : NenaMark1


(juggly.cn)記事関連リンク
米AT&T、デュアルコア3Dスマートフォン「LG Thrill 4G」を9月4日に発売
東芝の薄型タブレットの製品名は「Excite」?
「Xperia PLAY SO-01D」がBluetooth SIGの認証通過、画像有り

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。