体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「どうする?産まないでしょ」信じられない先生の言葉!信頼できる病院を求めて

「どうする?産まないでしょ」信じられない先生の言葉!信頼できる病院を求めて f:id:akasuguope03:20150915083756j:plain

私は、現在1歳の子を持つ主婦です。

3年ほど前に結婚し、幾度か妊娠はしたものの流産してしまい悲しい思いをしました。

産婦人科に通いホルモンバランスを整える注射を定期的に受けたり、あまり私自身ストレスをかかえないように、営業事務の仕事も定時できっかり帰るように、食事もバランスよく…など本当に気を使い、また授かれるように日々過ごしておりました。

ある日、夫と買い物をしていると急激な腹痛に襲われ私は、冷えたかな??とトイレに駆け込みました。

けれど、全く下る様子もなくだんだんめまいがしてきて、トイレのなかでうずくまってしまいました。

そのお店はトイレの隣が物品庫のような場所だったため、たまたまうめき声が聞こえたようで、不審に思った店員さんが入ってきてくれ、夫の車に運んでもらって自宅にもどりました。

自宅に戻ってからは2日間、トイレに行ったり来たり。病院に行くと診断は急性胃腸炎とのことでした。

内科の先生から妊娠の可能性はありませんか?と聞かれたので、ありますと答えると、

「じゃあ点滴をした後、産婦人科へかかってください」

と言われ、そのまま産婦人科へ行きました。

近所に昔からある産婦人科で、ほとんど待合人もおらず診察をうけました。

分娩台のように足の開く椅子にのり、診察したところ、結果陽性で、妊娠していました。

もう嬉しくて夫と大喜び。

まだ妊娠まもないので、2週間後にまた予約し帰宅したのですが、その日は天にも昇る思いでした。

2週間後また診察をうけました。

「順調です。でも心配なことがありますね。羊水過多が心配です」

と言われました。

私は、「まだ小さい命なのに、なんでそんな判断されないといけないの」と憤りを感じましたが、2週間おきの検診の度に、先生は、ボールペンで何度も○を書きながら、羊水過多と記します。

成長しているのがわかる、大切なエコー写真なのに・・・。

こんなこともあって、3か月を過ぎたころになると、産婦人科へ行きたくなくなり、世界の不幸を背負ったような気分でした。

検診では、またしても羊水過多との診断がおりました。

と同時に、

「こういう赤ちゃんは内臓に疾患があるんだよね、私は30年以上産婦人科をやっていてエコー写真みたらすぐわかるんだけど、間違いなく胎児疾患。どうする?産まないでしょ」

こう言ったのです。

私は涙が止まらず、

「私がいけなかったからだ。何がダメだっただろうか。私がいなくなればいいのに…」

と思いつめてしまって、看護師の声もそれから先生の声も、そのあと何を言われたか覚えていません。

どうしてまだまだ小さなこの子を疾患と決められるのでしょうか?

インターネットのサイトを読み漁り、1日中調べに調べ、もし内臓疾患をもっていたとしても、産後手術すれば成長し、他の子とも変わらずに過ごせる、そういう記事を読みました。

次回同じことをいわれればセカンドオピニオンをお願いしようと決め、次の診察に挑みました。

診察当日、私は鬼の形相でなぐりかかろうと思いながら診察をうけました。

先生の診断は同じ、内臓疾患でしたので、私は

「紹介状を書いてください。市内で1番人気の産婦人科でみてもらいます」

と伝えました。

すると、「私の腕がわるいんじゃない、結果だから」と…。

でも引き下がらずお願いすると

「ではまた来週きてください。それまでに準備しておきます」

とのことでした。

悲しさなのか怒りなのかなんなのかわからない感情で、そのまま何も手につかず…。

数か月、私を心配してくださった職場の方々からの提案と、私自身もこの子と向き合いたく、そのまま退職手続きをとっていただきました。

翌日からトイレ以外は動かない、と心がけ、胎教にいいことだけをして過ごしました。

クラシックを聴き、お腹に話しかけ、愛犬にいやされ・・・。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。