ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分の力を試してみる!独立を目指す資格を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性の社会進出が増えてきている中で女性向けの独立を目指せる資格、男女問わず独立開業しやすい資格など、これから自分の力を試したい方向けに、独立に有益な資格の情報を提供します。

女性向けの独立を目指せる資格


最近人気の女性向けの資格、ネイル

独立してから開業まで望める資格として注目されているネイル。代表的な資格として「ネイリスト技能検定」や「ジェルネイル技能検定」があります。ネイルスクールで取得することができますが、最近では通信講座でも取得可能となっており、その手軽さも人気の要因の一つとなっています。ネイル関連の職種の需要はかなり増えており、ネイルサロンで働く人も多いですが、自宅を店舗として開業する人も多いです。ライフスタイルによって働きやすくもあるため、女性にとってネイルは独立開業を目指しやすい資格の一つです。

実生活でも使える知識で目指せ独立、ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの資格は国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士(1〜3級)」と、日本FP協会が認定する民間資格としてAFP(国内資格)、CFP(国際資格)の3つに分けられています。自身の保険の見直しや住宅ローンの見方などもわかるので、女性にとって実生活でも使える知識であることも魅力です。企業に勤めるプランナーも多く存在する中、しっかりとしたスキルが必要とされるのはもちろんですが営業力と人脈があれば独立開業することもできます。ファイナンシャルプランナーは、女性ならではの感性と経験が役に立つ仕事なので、ぜひ女性の方にオススメしたい資格です。

男女問わず独立開業しやすい資格


働きながら取得しやすい!社会保険労務士

社会保険労務士は、企業の健全な発展、労働者の福祉向上の専門家であり、企業経営においての労務管理や社会保険に関する相談、指導、書類作成、手続きの代行などを行う事ができる資格で、人事雇用から労災、社会保険、雇用保険の手続きの代行、企業の給与形態、退職金制度の構築、労働安全衛生に関する相談、指導やメンタルヘルス対策、労使間で紛争があれば調停の代理人まで、幅広い仕事があります。社会保険労務士は独立開業することができ、企業と顧問契約する事で業務をしていきます。ブラック企業から労働者を守る、勤務状況の改善など、労働者と企業の仲を円滑に保つ目的で世間の役に立つ仕事であるため、やりがいがあり、何より一番の魅力は簡単ではありませんが、働きながら勉強して狙うことが可能な資格であるということです。

経営コンサルティングとして独立、中小企業診断士

経営や業務に関する専門家としては、国内で唯一の国家資格である中小企業診断士。日本では中小企業が多く、中小企業によって日本経済は支えられていると言われています。それだけ中小企業診断士は必要とされている資格であるといえます。独立を目指す人は仕事を通じて、行政や金融機関、交流会等で幅広く人脈を作っていくことが大切です。人脈ができて独立し、顧客が取れる目途がたてば経営コンサルタントとして自分の力を発揮することができるでしょう。

独立するには下調べも必要

資格を取得することがゴールではない

資格を取って独立するには、まずは資格を取得しなければなりません。しかし、せっかく資格を取得しても業界に仕事がすくなかったり、資格取得者が溢れているようであれば独立することば難しく、たとえ独立しても仕事がないような状況になってしまっては生活していくのもままならなくなり、逆に苦労することになってしまいます。どうしても独立することが夢という人でなければ、わざわざ大変な環境に飛び込んでいく人はいないでしょう。そうならないためにも、まずは資格、その先の仕事をしっかりとリサーチしてから目標とする資格を設定してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP