ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPadで楽々勤務記録!新機能が追加された勤怠管理システム「タブレット タイムレコーダー」が気になる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国内トップシェアを誇るクラウド勤怠管理アプリ、「タブレット タイムレコーダー」に、新たな機能が加わった。

指定したアドレスに打刻を知らせる、“打刻時メール送信機能”を追加。ますます使い勝手がよくなったという。

「タブレット タイムレコーダー」は、iPadをタイムレコーダーにするアプリ。従来のクラウド勤怠管理システムより、格段に安価で使いやすいソリューションとして評価され、2015年度のグッドデザイン賞とITproEXPO AWARDを受賞している。

・企業から家庭まで幅広く活用可能

出退勤の時刻記録、各社のルールに合わせた自動集計、給与計算ソフト向けのデータ出力といった企業向けシステムから、顔写真つきパーソナルダッシュボード、ビデオメッセージ、天気予報など、プライベートライフで活用できる機能も満載。

今回リリースされた“打刻時メール送信機能”では、打刻の際、写真つきでメールを送れるようになっている。

タイムレコーダーにありがちな堅苦しさはなく、とてもフレンドリー。企業のみならず、大学の研究室や、家庭で利用しているケースも多くあるという。離れて暮らす年配の家族の見守りにも、大いに役立つだろう。

・料金は3人までなら無料

斬新な発想で、タイムレコーダージャンルにイノベーションを起こしたい、と開発元は語る。これまで利用されていなかった場所での普及も、十分期待できそうだ。

費用は3人までなら無料で、期間の制限なく利用可能。企業導入の場合、ライセンスは10人単位以上で、1万800円~。

タブレット タイムレコーダー

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP