体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【岐阜・下呂】ちょっぴり大人な気分で♡粋に遊ぶ卒業記念女子旅行

TEL/0576-25-4711(下呂市総合観光案内所)

住所/下呂市湯之島

営業時間/24時間

定休日/なし

駐車場/なし

「鷺の足湯」の詳細はこちら

3.天領酒造

飛騨の米と水と自然が生み出す江戸時代から受け継がれる名酒。

天領酒造杉玉が吊され、酒蔵は活気を帯びる季節。店内で商品購入も可能

1680年から飛騨萩原で日本酒づくりを行う蔵元。看板銘柄の「天領」をはじめ、女性の間で人気急上昇中のスパークリング日本酒「すますま」など、日本酒を新しい感覚で味わえる商品も続々と登場しています。

酒蔵見学では、3月までの仕込み時期だけしか見られない蔵の様子や、味わえない新酒などのきき酒もできます。日本酒の美味しさがわかるのも大人の証拠!天領酒造仕込み段階で発生する酒粕を手に取ってみる。日本酒の甘くふくよかな香りが鼻に抜ける 天領酒造 5、6種類試飲が可能。写真の手前左、発泡にごり酒は女性をターゲットにした新商品。ワイングラスでどうぞ

【お土産にはコレ!】

天領酒造 「すみずみまで」という意味の飛騨弁「すますま」。アルコール度数も5度と低く、炭酸が効いた甘口で女性好み(486円/250ml)

【案内人/奥田勝昌さんからのメッセージ】

酒蔵だからこそ、いろいろ試飲して、自分好みのお酒を見つけてください。アルコール度数を下げた女性好みのお酒もたくさんあります。

新しい日本酒との出会いがあるはずです。 天領酒造

TEL/0576-52-1515

住所/岐阜県下呂市萩原町萩原1289-1

営業時間/8時~17時(酒造見学は、9時~12時、13時~16時(要予約※ワイングラスで試飲希望の場合はその旨を伝えて)

定休日/土日祝

料金/無料

駐車場/1台

「天領酒造」の詳細はこちら

4.温泉寺

下呂温泉の歴史を学び、素の自分と向き合う時間。

温泉寺町を見下ろす高台に位置し、白鷺伝説の薬師如来像を祀っている

白鷺が湯を発見したと言われる下呂温泉。その歴史を物語り、町を守っているのが温泉寺です。この歴史ある寺で、座禅と写経体験ができるのはなかなか知られていません。

住職自らが下呂の歴史を語ってくれ、これまでとは違った下呂の一面を知ることができます。座禅も写経も厳しいものではないですが、寺という非現実空間での体験に、心も体もリセットされる心地よさを感じるはず。

温泉寺 住職の伸びやかな声に合わせて般若心経を読経。大きな声を出すことで、ピリッと身が引き締まった思いに 温泉寺 温泉寺の住職が座禅の組み方、姿勢、呼吸法など丁寧に教えてくれる。15分間の座禅もあっという間
前のページ 1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。