ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリと連動して、レシピの提案からカロリー計算までしてくれる「スマート弁当箱」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありません。アプリと連動することで、献立、健康管理、さらには残り物の管理まで!

献立も健康管理もおまかせ
次世代「ランチボックス」


タブレットサイズと聞くと、正直「持ち歩きにはいささか大きすぎ」というのが本音かのしれません。ですが、このサイズを誇らしげに開くときはランチタイム。自作のお弁当(もしくは弁当箱)にみんなの視線が釘付け。

 この弁当箱デバイス、「Prepd Pack」は、専用アプリと連動することで、気分や体調に合わせた健康的な献立をセレクトしてくれるというもの。献立のレパートリーが少なく、悩んでいる人にはもってこいですよね。しかも、そのどれもが1時間以内で作ることができるメニューなんだとか。

プロが教える献立で
ムダなく使い切る

大中小3タイプの容器を自在に組み合わせることで、「ちょこっと詰め」が可能。主菜と副菜のバランスを考えて組み合わせたり、冷蔵庫の残り物をぱぱっと合わせて一品を作り足したり。これができると、食材をムダにすることなく最後まで使い切ることもできますよね。

いちいちアレンジや組み合わせが面倒!という人には、プロの栄養士やシェフがおすすめするレシピ(どれも容器にぴったり収まる分量に計算されている)が、アプリ内にたくさん。ここから一週間分メニューを選んで必要な食材だけを用意すれば、食品ロスもなくなるという算段。もちろん、朝夕の食事もあるから、あくまで計算上と言うことだけは、お忘れなく。

「Healthkit」と統合
健康管理もバッチリ!

こうして、日々口にするランチの食事量やカロリー数がアプリに保存されていきます。また、iOSのHealthkitと統合しているため、体重やBMI値の推移もひと目で確認が可能。

さらに、もちろんお弁当箱ともしても秀逸。耐熱性のガラス容器はそのまま電子レンジもOK。さらに、汁もれの心配もいらないほどに密封性もバッチリの様子。マグネット式の外ケースに入れれば、デイバッグの中にもこの通り。

容器が1セットずつ(小は2個)とマグネット式でぴったりケースに張り付くカトラリーがセットになった、こちらのスタンダードタイプは50ドル(約6,000円)で販売予定。ちなみにこの値段にはアプリの代金も含まれています。

すでに潤沢な資金を得た「Prepd Pack」。早ければ2016年6月より順次発送予定だそう。気になる人はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by Prepd

関連記事リンク(外部サイト)

たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
録音した音を、その場でいじって演奏できるシンセサイザー「Collidoscope」
水彩画のように描ける「透明のクレヨン」が欲しい・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。