体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

寒鰤を使った限定ラーメンが気になるので食べてみた @『天国屋』町田市

tengoku-buri024_R

最近、筆者もちょいちょい気になる町田のラーメン屋さん『天国屋』ですが、何やら怪しい限定ラーメンを企んでいるとの情報をネットでキャッチした筆者。

「寒鰤を使ったラーメンだと?」

これは気になる案件ですね。先日は町田の『81番』でマグロ系を食べたので、このブリを使ったラーメンは非常に気になります。

tengoku-buri022_R

というわけで、『天国屋』に行ってみた次第で御座います。

『天国屋』で行列だと?

tengoku-buri000_R

まだまだメジャーではない『天国屋』ですが、やはり少なくないラーメンフリーク達が行列を形成していました。

tengoku-buri004_R

確実にジワジワと人気が出て来ていると思うので、何かしらのきっかけでブレイクしそうな予感ですね。

『鮮魚 寒ブリかけ麺』を食す!

tengoku-buri005_R

もはや確実に限定狙いで来ているので浮気はなしで御座います。迷わず”限定1ボタン”を押して食券を購入し席を待ちます。

セットの丼は500円で現金払いらしいので、この『鮮魚 寒ブリかけ麺』(750円)と合計すると1250円となり、町田にしてはセレブな昼食となりました。

そして写真の『鮮魚 寒ブリかけ麺』で御座います。

tengoku-buri023_R

黄金色に輝くスープに惹かれますが、若干”チャーシュー不在”なのでビジュアル的には物足りなさを感じなくもないですね。

逆に、麺とスープだけと思って割り切った結果の『鮮魚 寒ブリかけ麺』と言うネーミングと思われるので

「かけ蕎麦的な何か」

と思えば具がなくてもイケる気がします。ここはひとまずスープに期待してみましょう。

tengoku-buri025_R

スープはラーメンのスープと言うよりも、ちょっと濃い目の”アラ汁”みたいな漁師的なワイルドテイストですが、ブリの臭みもなく綺麗なスープかと存じます。

あとはシンプルに”白醤油”で味を決めたのでしょうか?

tengoku-buri026_R

筆者は『七福 有機白醤油』を直接味わった事はないのですが、この風味はただの塩ラーメンではない予感です。

tengoku-buri003_R

まさに”かけ蕎麦”に通じるシンプル・イズ・ベストなラーメンですが、お値段750円にしてはアレって部分もなきにしもあらずですね。

tengoku-buri006_R

まあ、寒鰤は原価的にも安くないので、お値段的にも仕方ないとは思いますが、やはりチャーシュー、もしくはソレに替わる何かは欲しいと思いました。

麺は細麺である!

tengoku-buri030_R

麺はレギュラーの細麺と思われ、北海道産の国産小麦を使っているようです。カンスイも控えめで小麦の美味しさが味わえる細麺は、このスープにも合っていますね。

この『鮮魚 寒ブリかけ麺』は、まさに麺とブリの出汁を味わう一品かと存じます。

こういう割り切ったコンセプトのラーメンは、レギュラーメニューとしては難しいかもですが、ラーメンの可能性を探る”限定”と言う形であれば、かなりの人の興味を惹くと思います。

謎の珍味の正体は?

tengoku-buri029_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。