ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パリで人気!三つ星シェフのメニューが食べられるファーストフード店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

現在パリのファーストフード事情は変化しています。身体に不健康なファーストフードが一部ではお洒落で健康的なイメージを持つようになりました。

今パリジャンたちは身体に優しいファーストフードを求めているのです。そんなパリのファーストフードの中でも、コンセプトファーストフード店BOCO(ボコ)は最先端をいくお店のひとつ。BOCOでは良い素材を使い、星付きレストランシェフたちによるレシピで作られたイートイン・テイクアウトの総菜を提供しています。星付きレストランのシェフたちはどんなファーストフードを生み出しているのでしょうか、現地からレポートします。

BOCOのコンセプト

三ツ星レストランのシェフたちのメニューが食べられる ファーストフード店BOCO

(C) facebook/Boco

「美味しくて健康的なメニューを多くの人と共有したい!」という目的のもと、フェルニオ兄弟(Frères Ferniot)がファーストフード店BOCOを立ち上げました。コンセプトに共感した有名レストランのシェフたちが次々とBOCOにレシピの提供をおこない、瞬く間にヘルシー志向のパリジャンたちの話題に。BOCOの総菜はすべてオーガニックのものを使用しています。ファーストフードでありながら、美味しくて健康的なメニューはパリジャンの胃袋をつかみ、パリに8店舗も展開するほど人気のお店になりました。

BOCOにメニューを提供しているシェフたち

エマニュエル・ルノー(Emmanuel Renaut)レジス・ マルコン(Régis Marcon)ジル・グジョン(Gilles Goujon)など、フランスの3つ星レストランのシェフの名前が並びます。デザートは、ラ・パティスリー・デ・レーヴのフィリップ・コンティシーニ(Philippe Conticini)や5つ星ホテル「プラザ・アテネ」のクリストフ・ミシャラク(Christophe Michalak)等、フランスのパティスリー界のTOPたちの顔ぶれが揃っています。

BOCOのお惣菜とは?

三ツ星レストランのシェフたちのメニューが食べられる ファーストフード店BOCO

(C) facebook/Boco

三ツ星レストランのシェフたちのメニューが食べられる ファーストフード店BOCO

(C) Nanako kitagawa

BOCOの店内には、前菜(Entrée)、メイン(Plat)、デザート(Dessert)などお惣菜がずらりと並んでいます。

前菜は「ポーチドエッグとベーコンのかぼちゃムース」や「鴨とフルーツのシリアルサラダ」など、メインは「牛肉の蒸し煮とじゃがいものピュレ」や「プロヴァンス風牛肉の蒸し煮とニョッキ」「カレームースとキャベツとりんごの蒸しボラック」など、どれも星付きレストランに出てくるような創造的なメニューばかり。デザートはモンブランとカシスのマーマレードやバニラ風味のりんごのコンポートなどがあります。お味はファーストフードのものとは思えないほど完成度が高く、どのお惣菜も格別な味なのです。

BOCOの各総菜の容器にはシェフの名前が記されています。どのシェフがどんな総菜のレシピを提供しているのか、じっくりと見ながら選びましょう。こうしてフランスのグルメ界を担うシェフたちのメニューが簡単に味わえるのは嬉しいですね。

[BOCO]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。