ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾新総統・蔡英文の「敗北が許されぬ戦い」が始まった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年1月16日の歴史的な政権交代を、ノンフィクション作家・門田隆将氏は現地・台湾でつぶさに取材した。蔡英文氏による新たな民進党政権は、中国による「台湾併呑」を阻止するための土俵際の政権となる。門田氏が綴る。

 * * *
“世界一の親日国”台湾が、新たな一歩を踏み出した。それは、自らの生存を賭けた、嵐が待つ“大海”への船出でもある。

 2016年1月16日夜、私は、歴史的な選挙が終わったばかりの台北市北平東路の民進党本部前の群衆の中にいた。

「おめでとう! 有難う!」
「頑張って!」 

 それは歓声というより絶叫といった方が正確だろう。私のまわりには喉を枯らした台湾人たちが、当選した民進党の蔡英文女史(59)に、必死で声援を送っていた。国民党・朱立倫候補に300万票以上の大差をつけ、蔡女史が「689万票」を獲得するという予想を遥かに超えた圧勝は、世界を驚かせた。さらに立法院選挙では、民進党が40議席から68議席に大躍進し、過半数を11議席も上まわる安定多数を獲得したのである。

 それは、わずか2か月前にシンガポールでおこなわれた台湾の馬英九総統と中国の習近平国家主席との「中台トップ会談」で合意した“ひとつの中国”への猛烈な反対の意思であることは明らかだった。

 民進党の歴史に残る圧勝には、「台湾はこれからも台湾であり続ける」という、台湾人の強烈な決意が表われていたと言っていいだろう。

 台湾に関する著作がいくつかある私は、総統選のたびに取材のため訪台する。投票日当日、投票を終えたばかりの有権者に、出口調査も兼ねて、率直な意見を聞くことにしているのだ。今回もそうだった。

 だが、私は前回(2012年)とのあまりの違いに、これほどの「変化」が生まれた理由を考えざるを得なかった。

 前回の総統選は、現職の国民党・馬英九氏と民進党の蔡英文女史との事実上の一騎打ちだった。その時、投票を終えて出てきた多くの有権者の口から出てきたのは、「経済」と「安定」、そして蔡英文候補に対する「不安」だった。

 台湾経済は次第に中国への傾斜を強め、馬政権一期目に、中国に進出した台湾企業で働く台湾人ビジネスマンは、すでに100万人を突破していた。仮に「台湾の主権確立」を目指す民進党が政権を取れば、急速に進む中国との経済関係が一挙に冷え込む恐れがあった。台湾の株式暴落を懸念し、有権者は、「経済面を考えて、やはり馬さんに投票しました」と答えてくれたものだ。

 もともと台北は外省人(大戦後、蒋介石と共に大陸から台湾に渡ってきた人たち)が多く住む国民党の牙城だ。それを差し引いても、「経済優先」の投票行動は、国民党の力がいかに盤石かを物語っていた。しかし、今回はまるで違っていた。逆に、

「台湾人は台湾人です」
「このままでは、台湾は中国に呑み込まれてしまいます」

 そんな不安を口にする有権者が多かった。それはなぜだろうか。

◆「日本は台湾を支えて欲しい」

 私は昨年夏、本省人(もともと台湾に住んでいる台湾人)が多く、民進党の地盤でもある南部の台南と高雄を訪れた。その折、

「次の選挙は重要だ。このままでは、台湾は中国になってしまう」

 そんな話を数多く聞いた。

 今回、台北では、投票を終えて出てきた人たちから、こんな話を聞くことができた。

「台湾は親中より親米でいくべきです。台湾は台湾。このままでは、台湾は中国に呑み込まれてしまいます」(32歳の本省人・男性)

「(民進党の)陳水扁が総統の時は、立法院の議席が足らず、思うような政策が実現できなかった。国民党は、企業と結託して大型の建設工事をやって来たし、その時、貴重な史蹟を保存することも考えない。飲食店経営の父は今も国民党支持ですが、私は民進党に是非勝って欲しいです」(情報工学を学ぶ24歳の本省人・男性)

 一方、外省人夫婦(共に36歳)はこんなことを口にした。

「中国との経済的パイプは大切にすべきです。お互いがひとつの中国を認め合った“92年コンセンサス”を支持します。もちろん国民党の朱立倫候補に投票してきました」

 日本に住んだ経験もある民進党支持の自営業の男性(52)と、その妻(48)は、こう言った。

「中国には反国家分裂法があります。台湾が独立への動きを見せようものなら、すぐにこれが発動されて軍事侵攻されるでしょう。しかし、私はステップ・バイ・ステップだと考えています。台湾はすぐに(独立を)達成できなくてもいいですよ。もう中国は人件費が低かった時代とは違う。かつてより、メリットは小さくなっているし、それに中国への投資はこっちの技術が盗まれるという危険もある。台湾が経済的に中国にのめり込む必要はもうありません」

 夫がそう言えば、妻はこんな日本への期待を語った。

「日本には、もっと積極的になって欲しいですね。台湾だけでなく、アジアの国々はみんな日本にもっと頑張って欲しいと思っています。日本は謙遜なんかする必要はありません。自分がアジアのリーダーであることを自覚して台湾を支えて欲しいです」

 経済優先と民進党への不安ばかり口にしていた前回とは、全く異なる姿勢が大勢だった。それだけ台湾が「岐路に立っている」ということだろう。さらに「台湾人は台湾人」という意識が明らかに強くなっていることが印象的だった。

◆中国人観光客が消える?

 前述のように、中国は2005年に反国家分裂法を制定している。台湾が独立を宣言した場合、「台湾独立派分子」に対して「非平和的手段」を取ることを合法化した凄まじい法律である。

 親中政策を押し進めてきた馬英九の国民党から、台湾の主権獲得を目指す民進党に政権が移ったことで、この法律が俄かに注目を集めている。専門家はどう見ているのか。

 かつて国民党中央党史委員会の主任委員(閣僚級)を務めた政治学者の陳鵬仁氏は、国民党側の立場から、こう分析する。

「中国が非平和的手段を用いる可能性は、米国との衝突を生むから少ないと見ています。それよりも経済的な面で、色々な方法をとってくるでしょうね。中国への輸出で台湾は非常に優遇されていますが、それが消されて他の国と同様の扱いを受けるようになる可能性があります。

 台湾の輸出は、対中国が全体の40%を占めていますから、これが打撃を受けると台湾経済は危ない。それに中国からの観光客。年間400万人という中国の観光客は、パスポートではなく、通行証の発行を受けてやって来ています。ここを“締めて”くるわけです」

 あっという間に、町から中国人観光客の姿が「消える」可能性があるという。

「台湾の若い人は、理想論に走りますが、経済に影響が出てくると失業者が増え、自分たちの就職もままならなくなる。台湾には“土不能吃”という言葉があります。土は食べられない、つまり背に腹は代えられない、という意味です。

 私は、蔡英文政権は半年ほどで支持者に幻滅されると思います。失業者は新たに50万人ほど増えるのではないでしょうか。4年後には、そんな失望の下、国民党が政権を奪還すると予想しています」

 国民党側は、蔡女史のお手並み拝見ということらしい。しかし、これほど強烈に示された「ひとつの中国」への拒否反応が今後、変わることがあるのだろうか。私の心に残ったのは、民進党本部で出会った60代の本省人男性のこんな言葉だ。

「今後、国民党が選挙に勝つようなことがあれば、それは、“台湾がなくなる”ことを意味します。つまり中国に呑み込まれる。台湾は、独自の研究開発能力を生かし、いわゆる“キーテクノロジー”を発展させてきました。これを今後、より大きく発展させられるなら、中国に依存することなく、台湾経済は自立できると思います」

 台湾では、「キーテクノロジー」という言葉が、台湾の独自性を象徴する技術という意味でよく用いられる。1990年代、台湾は緻密さと手先の器用さを駆使して、半導体や精密電子機器等の分野で世界をリードし、外貨準備高で世界一を誇っていた。

 しかし、中国との経済的な繋がりが深まれば深まるほど、技術は流出し、その「特徴」が失われてきた。逆にいえば、中国依存が強まると共に「技術立国・台湾」が衰亡してきたことになる。

 国民党政権も遅ればせながら行政院が主導して、キーテクノロジーの開発・推進への支援に乗り出した。蔡英文女史もまた、この分野に力を入れていくことを政策提言の中で高らかに宣言している。

 かつての技術力、開発力を取り戻し、それを発展させて、「対中」依存体質から抜け出せるかどうか。そこに台湾の「今後」の鍵がある。

「自由」と「民主」が存在しない共産党独裁国家への台湾人のアレルギーは凄まじい。一方、中国にとって悲願だった「太平洋への進出」には、台湾併呑が必須だ。熾烈な中台の駆け引きは、これからがまさに本番を迎える。

「今後、国民党政権に一度でも戻れば、それは“中国との一体化”が現実のものになることを意味します。つまり、民進党は、今後の選挙に“勝ち続けなければならない”ということ。その意味で、蔡英文政権というのは、いわば“台湾存続”のための土俵際の政権なんです。一度も負けられない背水の陣の蔡女史の戦いを見守りたいですね」(在台ジャーナリスト)

 やはり、中国による台湾併呑は将来、現実になるという悲観的な予測が多い中、蔡女史の「敗北が許されない戦い」を見守りたい。

 【PROFILE】1958年、高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション作家として、政治、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。最新刊は『日本、遥かなり エルトゥールルの「奇跡」と邦人救出の「迷走」』(PHP研究所)。

※SAPIO2016年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
台湾総統選前日「家の戸開けると買収歓迎」一票3000~9000円
中国大陸の侵食から台湾守るために台湾総統交代をと李登輝氏
金美齢氏 総統選後の馬英九氏「台湾は中国の一部」宣言懸念

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP