ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ママさん警官 「警視庁は出産や子育てサポートが充実」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍政権が推進する「女性が活躍する社会」。かつては男性社会のイメージが強かった警察でも、働く女性が増えている。

 なかでも警視庁は昭和21年に全国に先駆けて63人の女性警察官を採用し、今では全警察官の約8.4%にあたる3697人が勤務している。男性に交じり悪と闘う、女性警察官の素顔に迫った。

 男性との大きな違いに、結婚による出産や育児がある。以前は、仕事を続けたくとも、退職せざるを得ない職員も少なくなかったという。蔵前署交通課の小西早紀さん(34)は、2人の子供を育てるママさん警察官。

「警視庁は、出産や子育てをしながら働くためのサポート体制が充実しているんです。妊娠・出産・育児における休暇制度はもちろん、育児経験のある職員や、関連制度に精通している幹部職員の“子育てアドバイザー”がすべての警察署に配属されていて、女性警察官が働き続けられる環境が整っているんです」

 こうした取り組みは、新たな意識をも生み出している。

「出産前と後で、仕事に対する取り組みに変化が生まれました。以前は正義感と情熱で突っ走っていたのですが、出産を経験したことで、子供や家族を守りたいという愛情をもってパトロールするようになりました」

 自転車に子供を乗せる際の危険ポイントなど、母親ならではの着眼点も増えたのだとか。祖父を交通事故で亡くしていることもあり、交通取り締まりには人一倍の思い入れがある。

 女性の中でも小柄な小西さんは、どうしても体力面で劣ってしまう。万が一に備えて、小学3年生から続けている剣道で腕を磨くほか、相手の動きを封じる「さすまた」などでの訓練を続ける。

 警視庁では女性警察官の割合を平成30年度までに全体の10%を目標に増やす予定である。

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
警視庁のワンオペ交番で女性警察官が情事 週刊ポストが報道
警察官 中国人女性と結婚しようとしたら上司が大反対
警視庁の女性副署長「女に上司が務まるの?」を発奮材料に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP