ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頭がクラクラしちゃう!?3次元を平面で表現した写真作品が面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私たちが暮らす三次元の感覚を狂わすような写真作品を作り出しているのが、トルコの写真家、Aydin Buyuktasさんです。

空間がゆがんでいる!?

Aydin Buyuktas氏のシリーズ「Flatland」は、イスタンブールの代表的な建物や風景を撮影したもの。

しかし…!上から見ていたはずの視線がいつの間にか横からになっている!?

空間をゆがめたこの作品は、見ているうちになんだか頭がクラクラしてきませんか?

夢を見ているような不思議な感覚に襲われます。

次元や視点の概念を探る

ドローンで空撮した写真を加工し、この不思議な写真を生み出しているというBuyuktas氏。

作品のアイデアは、二次元空間を舞台にした前衛的な小説によって得たそう。

じっと見ていると自分が宙に浮いているような感覚にもなる写真作品は、Buyuktas氏のFacebookInstagramでも閲覧できます。

気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

Aydin Buyukt
Facebook
https://www.facebook.com/aydinbuyuktasphotography
Instagram
https://www.instagram.com/aydinbuyuktas/

・写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。