体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

継続は力なり!英語学習を続けるために知っておくべき9つのこと

英語をもう一度学習しようと思い立つきっかけは様々ですが、英語に限らず、言語能力というものは、一朝一夕で身に付くものではなく、時間をかけて習得していくもの。

日々の忙しさのなかで、後回しになってしまって、今まで何度もチャレンジしたものの、続かなかったという人も、ぜひ一つずつステップを踏んで、学習を習慣づけていきましょう。

自分に合う学習方法を色々試しながら、モチベーションを上手に維持していくのがコツです。継続は力なり!

 

*編集部追記(2016/02/07)
2015年に公開した記事に新たに加筆しました。

 

1. 目的を明確にする

目的を明確にする

photo by U.S. Embassy Tokyo

「自分が英語学習をする目的は何か」は、はっきりしていますか?例えば、「半年後のTOEIC資格試験で、特定のスコアを取得する」、「E-mail・電話・プレゼンテーション能力を上げる」、「試験の予定はすぐにはないけれど、全体的に英語のブラッシュアップをしていたい」など、大まかなことで構いません。

 

2. 目標を定める

目標を定める

photo by shutterstock

次に、先ほど明確にした目的を達成する為に、もう少し細かく、’ある程度の期間の中で実現可能な目標’を、立てていきます。

TOEICでは、どのセクションを特にボトムアップする必要があるのか、自分の得手不得手を考慮して、パートごとに目標スコアと勉強する期間を決めることで、効率よく学習をすすめられます。

E-mailや電話表現などは、ある程度定例表現ですから、本を一冊購入し、出てくる表現を練習することで、大きく力を伸ばすことができるでしょう。

 

特に、今のところ資格試験を受ける予定はないという場合は、色々選択肢も広がりますから、モチベーションの維持の為にも、海外旅行の英語を学ぶ等のテーマを決めて取りかかると楽しく学習できます。

スモールステップの目標を一つ達成したら、また次の目標をすぐに立てるようにすれば、モチベーションの維持につながります。

 

3. 自分の学習タイプを認識する

自分の学習タイプを認識する

photo by shutterstock

学生時代、コツコツ勉強するタイプだったでしょうか?短期集中型だったでしょうか?適度なペースメーカーとして、塾などに通う方が、自分に合っていたでしょうか?通信教育は、どのようなフォローがあれば続けられますか?自分の特徴を押さえておきましょう。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。