ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

縄文時代ルーツの「どっぽ鍋」 ホルモンパワーを現代に蘇生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 内閣府の調査(「食育の現状と意識に関する調査」平成21年12月)によると、家族との食事について「家族と一緒に食事をすることは重要」が94.3%、「家族と一緒に食事をすることは楽しい」が91.0%。であれば、この時期、鍋しかないでしょ! ひとつ鍋を囲むおいしさは格別。食文化史研究家の永山久夫氏が勧めるのが「縄文どっぽ鍋」だ。永山氏が語る。

 * * *
 縄文人は究極の自由人だ。

 空腹になった時だけ、石斧をとればよいハンターだ。竪穴住居のいろりに土器をかけ、肉や魚を焼き、熱灰でソバ粉のおやきを作る。蜂蜜などで味をつけた甘いクッキーもあり、女性たちが目がない。炉のそばには、山ブドウを発酵させた、まっ赤な縄文酒もある。

 最近、認知症予防期待からオメガ3系の脂肪酸が注目されているが、縄文人の好きなクルミにもたっぷり。オメガ3といったら、何といっても魚で、こちらも縄文人は大好き。

 アワやソバなども作っていたが、栽培よりも狩りの方を好んだ。イノシシを追いかけた方が血が躍るし、肉は何よりもうまい。体のはしまでパワーが行きわたって疲れない。

 縄文の次が弥生時代で、例の邪馬台国が登場。当時の日本人は大変に長生きと『魏志倭人伝』にあり、一夫多妻ともある。

 倭人の先祖様のほとんどは縄文人だから、縄文人も不老長寿で多妻傾向があったのではなかろうか。それを可能にしたのはテストステロン(男性ホルモン)で、縄文食をとっている限り、多妻も多恋人も可能だった筈だ。

 イノシシ、シカ、キジ、カモ、サケ、イワシなどに雑穀、トチの実、ゴボウ、山芋などが主な縄文食であり、ホルモン生産を強化する成分の多いものばかり。

 さア、おとうさん。

 縄文どっぽ鍋を作りましょう。「どっぽ」はどぼどぼと材料を鍋に入れて作るという意味と、人生独歩、自由気儘という意味もあり、縄文的ホルモンパワーを現代に蘇生させるということだ。もちろん、今風にアレンジ。

 土鍋に昆布を敷き、水に少量の酒を加えて火にかけ、骨つき鶏肉のぶつ切り、豚肉、ゴボウ、シイタケ、ハクサイ、ネギをどぼどぼと入れ、煮立ちはじめたら、ソバ粉にひき肉と生卵を混ぜて縄文だんごを作り入れる。

 熱が通って出来上がり。つけ汁はみじん切りのニンニクと醤油、酢であんばいし、豪快に頬張る。さア、縄文どっぽ鍋の完成です。

 おとうさん、食べましょう。

●縄文どっぽ鍋(2人分の材料と分量)
・ぶた肉(200グラム)
・骨つきトリ肉(4片)
・ネギ(1本)
・ゴボウ(ほどほど)
・シイタケ(3個)
・ハクサイ(ほどほど)
・昆布(5センチ)
・みそ(ほどよく)
・縄文だんご(そば粉、生卵、トリひき肉)

※週刊ポスト2016年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「明太肉まん」「スギッチまん」ほか、変わり種ご当地中華まん
牛乳でお腹ゴロゴロしない人は欧州やアフリカのDNA継承か
DNA分析で縄文人と弥生人の混血が進んでいたことが判明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP