ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で夢を掴んだブルキナ初のプロ野球選手 試合後は農作業

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月下旬のある日の早朝、高知県日高町のビニールハウスに、野球のユニフォームにスタジアムジャンパーを着た黒人の青年がいた。「ここで僕の球団が野菜を作っているんです」──。流暢な日本語でそう話すのは、西アフリカのブルキナファソ出身のサンホ・ラシィナ選手。四国の独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の高知ファイティングドッグスに所属する内野手だ。
 
 ラシィナ選手は、昨年の大晦日に誕生日を迎えたばかりの18歳で、表情にはあどけなさが残る。身長174センチとそれほど上背はないが、胸や腕まわり、太腿、臀部の盛り上がった筋肉は、同年代の高校球児の体つきとは明らかに異なる。50メートル走が5秒8という驚異的な走力も備えている。

 ブルキナファソは国民の年間所得が日本円で約1万3000円と、世界の最貧国として知られる。ラシィナ選手は、シーズン中はリーグで定められた月10万円の選手給与をもらいながら野球に取り組んでいる。

「去年の12月には、越知町の練習場の隣りにある畑で、練習後に他の選手たちと一緒に大根をとりました。とった大根は漬け物になります。他にも、サツマイモ、タマネギなんかも育てています。試合の後に農作業することもありますよ」

 球団スタッフによれば、同じ町内で約3ヘクタールの水田を無償で借り受け、毎年6月になると地元の保育園、幼稚園の子供たちと選手たちが一緒に田植えを行うという。

 選手たちが育て、収穫した農作物の売り上げは、もちろん球団の収益につながる。過去には、農業高校から子牛を1頭購入し、球団スタッフが約1年半育て、食肉として球場で販売したこともあった。そうしたユニークな取り組みを続ける高知ファイティングドッグスに密着したノンフィクション『牛を飼う球団』(小学館刊)の著者・喜瀬雅則氏は、「球団再生と地方創生を同時に成し遂げた初めての球団」だと指摘する。

「2007年に高知出身の実業家・北古味鈴太郎氏がオーナーに就任し、経営難に瀕していた球団を再建するために様々な策を講じていきました。農業や畜産はもちろん、地元の小学生に選手やトレーナーが運動の基礎を教えて体力向上を実現したり、野球と観光を結びつけた“ベースボール・ツーリズム”で外国人客を呼び込んだり、医師不足に悩む地域で訪問診療に乗り出したりと、地域が抱える問題に取り組みながら多くのファンを獲得し、2011年度に黒字化を達成しました。2015年度は、1000万円を超える過去最高の黒字を見込んでいます」

 そんな高知球団にラシィナ選手がやってきたのは2013年6月。ブルキナファソで野球を教えていた日本人の青年海外協力隊員の支援で、高知球団の練習に参加。1か月後に行われた入団テストは不合格だったが、「日本でプロ野球選手になりたい」という熱意が認められ、練習生として球団に加入した。

 野球に必要な単語を少しずつ習得しながら、毎日約8時間にも及ぶ練習に励んだ。佐川町にある寮では捕手の浅野祥男選手と同部屋。「浅野サンが料理係で、僕は洗い物係です。浅野サンが作るカレーと味噌スープ、とってもおいしいです」。体重は来日当初より11キロ増えて77キロになった。今では通訳なしでインタビューを受けられるほど日本語がペラペラだ。
 
 ラシィナ選手の初試合は2015年6月20日。当時、米メジャーリーグのテキサス・レンジャーズから移籍したばかりの藤川球児投手(現・阪神タイガース)が故郷・高知で初登板したオープン戦だった。8番・サードで先発したラシィナ選手は、2回にまわってきた初打席で、見事なセンター前ヒット。彼の成長を見守ってきた越知町や佐川町のおじいちゃんやおばあちゃんは、涙を流して喜んだという。
 
 その後、同年8月25日に正式な選手として認められ、17歳にしてブルキナファソ初のプロ野球選手となった。その後、9月2日に公式戦デビューを果たし、全4試合に出場するもヒットは打てず、公式戦初安打は来季にお預けとなった。喜瀬氏はこう語る。

「小学生の頃から野球をやってきた同年代の高校球児に比べて、ラシィナ選手はまだ基礎的な技術や経験が足りない。しかし身体能力は飛び抜けているので、元プロ野球選手の監督やコーチの指導を受けてトレーニングを続ければ、NPB(日本プロ野球機構)でプレーすることも夢ではありません」
 
 高知ファイティングドックスには、今年から総監督に“エモヤン”こと江本孟紀氏(元阪神)、監督にかつて“満塁男”の異名をとった駒田徳広氏(元巨人、横浜)が就任。元スター選手の指導を直接受けられる絶好の環境に恵まれた。
 
 ビニールハウス内でスペアミント摘みを手伝うラシィナ選手に聞いた。将来はNPBのどの球団でプレーしたい?

「どの球団でもかまいませんが、好きな球団は福岡ソフトバンクホークスです。NPB入りして活躍し、将来はブルキナファソで野球の発展に貢献したいです」

 夢の実現はそう遠くなさそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
【プロ野球コーチの役割】コンディショニングコーチ編
球界OB「キャンプ初日は夏休みが終わった小学生の気分」

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP