ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平日のように予定をきちっと決める!「休日ルーティン化」のすすめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

待ちわびた休日。それなのに、「眠い」「疲れた」と一日をダラダラと過ごしてしまった…なんてことはありませんか?大切な休日を有意義に過ごせるよう、あらかじめやることを決める「休日ルーティン化」を始めてみましょう。

1.まずは早寝早起き!
休日だからこそ早く起きる

平日と同じ時間に起床すれば、それだけ実稼働時間を増やせるだけでなく、体内時計にも一定のリズムができるため、自律神経が整います。そうして平日の体調も安定し、仕事にも万全の体勢で臨めることから効率アップにつながるのです。

2.実現させたい希望を
紙にリストアップする

目標と具体的な計画を紙に書くことで、まず「最初の一歩」が明確になります。そして実現したいと強く思うものから順番に印をつけ、具体的な計画を立てます。
次に実現できそうな日にちを予測して目標日を設定し、項目の横に書き入れましょう。目標を紙に書いて繰り返し眺めることは達成されやすくなると心理学でも立証されているのだとか。

3.
見たことのない映画を見る、
読んだことのない本を読む

家でひとりの時間を過ごすのが好きなあなたは、必ずひとつは自分にとって新しいものに触れると決めてみては?映画でも本でもマンガでも、自分が好きな分野のものから始めてみて。

4.日記やブログを更新し、
頭の中を整理する習慣を

ノートに鉛筆で日記を書くのもいいですが、インターネットで外部に発信したほうが効果的。「誰かに見られているかもしれない」という程よい緊張感から自然ときちんとした文章を心がけるようになるので、後から自分で読み返したときに分かりやすいでしょう。

ブログを書く、つまり頭の中の情報を読み手に伝えるために順序立てて文章にする作業が、脳内を整理してくれます。脳内を整頓すると思考も明確になり、自分自身への理解も深まります。すると、何かを選択する場面に出くわしたときに、より自分に適した選択肢を選べる、という効果にも期待できるのです。

関連記事リンク(外部サイト)

幸せを感じている人が、絶対にしない「20のコト」
2015年のうちに、手放しておくべき「8つのコト」
今すぐ男性に媚びるのをやめるべき「8つのワケ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP