ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【Dr.黒田愛美のコラム】vol.6: ストレスと戦う救世主、「DHEA」がすごい!

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【Dr.黒田愛美のコラム】vol.6: ストレスと戦う救世主、「DHEA」がすごい!

大事なホルモンの1つ!だけど厄介な面も…

前回の、「犯人には、「司令塔」がいた!?」では、老化のもととなる、「活性酸素」を増やさない生活が大切だということと、そもそも「活性酸素」は「コチゾール」という私たち人間の体から生まれるホルモンにより生成されてしまい、根本的な問題がある、というところまでお話ししました。

活性酸素(犯人)が増えるときに働く指令塔、コルチゾールホルモン。活性酸素を増やす指令塔、と聞くと「悪いヤツ」に聞こえてしまいますが実は私達が生きていくうえでDHEAに並んで、大切なホルモンなんです!

「ストレス」がかかるとそれに対抗するために分泌されるのが「コルチゾール」

コルチゾールは、血糖値や血圧を上げる作用があり、生きるのに不可欠なホルモンです。外敵に襲われた時など、逃げるにしろ戦うにしろ多くのエネルギーが必要です!そんな時に血糖値や血圧を上げ、体を直接動かすエネルギーを出させるんです。

なので「ここぞ!」というときにはこのホルモンが上昇しています。

でも厄介なことは「コルチゾール」が分泌されると大量の「活性酸素」が増えてしまうことです。だからコルチゾールは「犯人」活性酸素の「指令塔」なんですね☆ コルチゾールは体にとって大切な存在ですが、基本的にはあまりでてほしくないホルモンなんです。

ちなみにコルチゾールは別名、「Death hormone(デスホルモン)」「ストレスホルモン」「酸化ホルモン」と言われています。

ストレスと戦う救世主、現る!

さてここで救世主の「指令塔」が出てきます!そう、それが「DHEA」

「DHEA」は「コルチゾール」が分泌されるとでてきてストレス(酸化=活性酸素)に打ち勝とうとするんです!実際体内ではコルチゾールが分泌されると同時にDHEAも分泌され、コルチゾールの分泌を抑えるよう働きかけます。

「DHEA」別名「抗ストレスホルモン」「抗酸化ホルモン」、水素とよく似ていますね!

次回はこの救世主の指令塔についてもう少し詳しく書きます☆

~医師:黒田 愛美~

関連記事リンク(外部サイト)

心理カウンセラーが教える! 職場でのストレス解消に大切な【3R】とは?
想像妊娠は精神的なストレスからくる!?
○秒ハグするとストレスは1/3に?【抱き合う】だけで体が強くなる!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。