ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド・イギリス・オーストラリア英語のアクセントを勉強するなら知っておきたいPodcastまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本人の英語学習者の方に多いのが、「試験対策用の英語のCD音源なら聴き取れるが、実際のコミュニケーションの現場では、上手く英語が聴き取れない」というものです。

一言で言ってしまえば、それは「英語力が不足している」ということになるのですが、より具体的に要因を挙げると、「英語でのコミュニケーション機会が少ないため、実際に英語力を応用するための場数を踏めていない」ということが挙げられます。

インド英語、シンガポール英語のように訛りのある英語になった途端、苦手意識を持ってしまう人も多いでしょう。

 

実際に留学をして英語力を集中的に鍛えられることが理想ですが、社会人の方は時間の制約もあるため、思うように留学を実現できない方もいるでしょう。

英語の様々なアクセント、特にインド英語のような日本人にとって馴染みのないアクセントに馴れるためには、ポッドキャストでの英語学習が手っ取り早いです。

 

インド英語に馴れるなら、FORBES INDIAがおすすめ

photo by shutterstock

そもそもForbesにインド版があるということに驚いたのですが、Forbes Indiaのポッドキャスト版では、本格的なインド英語を聴くことができます。

音源のスピードも結構速いため、これをしっかり聴き取れれば自信がつく!と言えるコンテンツになっています。

残念ながら最近は更新されていませんが、「インド英語に馴れる」ための教材としては、十分リスニングをこなせる量のコンテンツがあります。

 

これからポッドキャストで英語学習を開始する方で、「様々なアクセントに馴れるための訓練がしたい」という方には、迷わずインド英語のリスニングから学習をスタートすることをお勧めします。

なぜなら、インド英語のアクセントは、日本人にとってもっともリスニングの難易度が高いものの一つだからです。

インド英語のリスニングに自信をつけることができると、ビジネスの現場でどのような国籍の人と一緒に働くにしろ、自信をもってコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

Inside Forbes India

 

イギリス英語に馴れるなら、Luke’s ENGLISH Podcastがおすすめ

photo by shutterstock

イギリス英語に馴れることが目的であれば、英語学習者向けのものを聴くことがおすすめです。Luke’s ENGLISH Podcastでは、無料のコンテンツが膨大に公開されているためおすすめです。

また、Lukeさんは英語学習者向けにゆっくり話してくださっているため、「アクセントに馴れる」目的には最適です。

 

イギリス英語について、上記のLuke’s ENGLISH Podcastよりも更に取り組みやすいものがこちら。1回分のコンテンツが3分程度のため、ちょっとした空き時間に取り組める点が魅力です。

Luke’s ENGLISH Podcast

 

オーストラリア英語に馴れるなら、Sky Newsがおすすめ

photo by shutterstock

オーストラリア英語に馴れるなら、Sky Newsシリーズがおすすめです。トピックによってチャンネルが複数あるため、お好みのチャンネルを選び、通勤時間などで活用するのが良いでしょう。インド英語のリスニングをマスターした後に聴くと、難易度がかなり低く感じられるはずです。

Podcast – Sky News

 

まとめ

仕事上、将来的にも英語を身につけたいけれど、行動に移せないという方は、一度、実際に留学をしてみるのが良いと思います。

数週間の短期留学であっても、「海外の仲間から思いきり刺激を受け、英語でのコミュニケーション力を向上させる必要性を心から実感する」体験が、後の英語学習のモチベーションに大きく活きるはずです。

Licensed material used with permission by EF Education First Ltd.

 

英語を学ぶ旅へ出る

ただ、旅をするだけじゃ物足りない。現地に深く溶け込みたい。自分のやり方で語学力を身につけ、新しい文化を体験し、世界を発見したいと思ったことはありませんか。

学生時代に英語を学ぶ旅として留学を経験し、一生分の経験ができたので今回はその魅力と感じたことをまとめました。

「英語を学ぶ旅」をオススメする3つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP