ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドローンを連れて世界一周したら、こんな絶景が広がっていた(全7ヶ所)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界を空から眺めたら、どんな光景が広がっているのだろう…旅人なら一度は想像する世界を旅してきたFly around the worldの石神さん。

ドローンを相棒に世界中で撮影した絶景映像の中から、特におすすめの7本をコメントと共に紹介していただきます。

 

1、アンコールワット(カンボジア)


サンライズをバックにしたアンコールワット。周辺を壕に囲まれているクメール王国によって作られた最大の寺院です。

上空からの全体像は、森の中にポツンと建てられている神秘的な空気、その神々しさ、壮大さをより強く感じさせてくれます。

4時半起床、他の観光客がサンライズポイントの池の前に集まっていく中、一人中央廊下で待機し撮った映像をお楽しみください。

 

 

2、ハロン湾(ベトナム)

ハロン湾のサンライズ。大小3000もの木岩や島からなるハロン湾を上空から撮影しました。

ハロン湾のツアーは日帰りと一泊二日のツアーがありますが、クルーズでハロン湾の上で泊まれる一泊二日のツアーがお勧めです。

そして、これが初撮影!ハロン湾に浮いたクルーズの上からドキドキしながら海に飛ばす。事前練習での飛行は陸地で1、2回しただけ。落ちたらすぐ終わりの緊張感で手も体もずっと震えっぱなしでした。

 

3、サパ(ベトナム)

北ベトナムの田舎町サパに広がる田園風景。サパでは通常トレッキングに参加してこの田園地帯を抜けて少数民族の村に行きます。

僕は、バイクを借りてドローンを背に一人で二日続けて行きました。二日続けて行った理由は、実はここで離陸に失敗して、カメラが安定しなくなり、何度も撮影し直したからです。

この後タイのバンコクで修理し、復活しました。

 

4、ピラミッド(エジプト)

ギザの3大ピラミッド。上空からのピラミッドの絵はまるでCGで作った映画のような映像です。この撮影の数日前に、ピラミッド周辺でテロがあり撮影した当日観光客はほとんどいませんでした。

そのため、映像のような周りに誰もいなく、一人での絵が撮れました。ただ、ラクダ使いさん達が観光客がいなくて本当に困ってました。

この場所は客引きがしつこくて有名ですが、生活がいつもよりかかっているせいか、いつもより悲壮感漂っていました。早く観光客が戻ることを願います。

 

5、昼のカッパドキア(トルコ)

奇怪な岩山の壮大な景色が広がるカッパドキア天候に恵まれ、ギョレメパノラマ、ラブバレー、ウチヒサル城をレンタルバイクで周り撮影。特に最後のウチヒサル城からの景色が圧巻です。

ただ、このウチヒサル城の頂上は風が少し強くて、着陸時、機体が風に吹かれて安定せずに、近くの岩にぶつかりそうになり何度も離れては近づいての繰り返し。

肝を何度も冷やしながら、風が弱い時を待ち事なきをえました。けれど、そこで撮れた絵は想像以上でした!

 

6、カッパドキア(トルコ)

気球からの景色が有名なカッパドキア。その気球が飛んでいる様子、ローズバレーのサンセット、ギョレメの夜景を撮影しました。

特に岩をピンク色に変えたローズバレーからのサンセットは今までの旅で見てきた中でも一番の綺麗さでした。

 

7、イスタンブール(トルコ)

朝日に照らされるボスポラス海峡、ブルーモスク、アヤソフィア、アジアとヨーロッパを結ぶ都市、アラブの空気を感じさせてくれます。

イスタンブールは海沿いで風がとても強く滞在期間撮影出来そうな雰囲気はありませんでした。ただ、この日の早朝の時間帯だけ風が止み、晴天。

ブルーモスク前は普段観光客で溢れているが、早朝のこの早い時間だけはまだ静かで、天気、タイミングが良くこの絵が撮れました。

 

 

8、フィレンツェ(イタリア)

花の都と言われる文化の都市フィレンツェ。撮影時多くの子供達が集まってきて一緒に撮影しました。

撮影後、ある子供が親に「今年はサンタさんにあれ(ドローン)お願いしていい?」と聞いてその親が返答に困っている顔が微笑ましかったです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回ご紹介できなかったFly around the worldの動画は下記のチャンネルやFacebookページからご覧いただけます。ぜひ、世界中の絶景を楽しんでくださいね。

Fly around the world – YouTube / Fly around the world – FBpage

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP