体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東海居住者が選ぶ人気温泉地5位】何度行っても飽きない飛騨高山温泉の遊び方

【東海居住者が選ぶ人気温泉地5位】何度行っても飽きない飛騨高山温泉の遊び方 喫茶去

「じゃらん人気温泉地ランキング2016」で東海地方の在住者が「もう一度行ってみたい温泉地」として第5位にランクインした飛騨高山温泉。

何度行っても飽きない、行くたびに新しい発見があるのが一番の魅力という声が多いのが特徴でした。

まだいったことがない方は飛騨高山ならではの歴史とモダンを感じに、この機会に旅行を計画してみてはどうでしょうか。

1.飛騨高山温泉

新しい出合いと発見の宝庫。歴史とモダンが交錯する街。

まちなみ

「古い町並」には多くの店が軒を連ね、まち歩きが楽しい

江戸時代からの城下町と商家町の面影が今も残り、年間400万人以上の観光客が訪れる飛騨高山。町家など古き良き佇まいを残しながらも、常に新しいものを取り入れて進化を続けています。

そのため、行く度に新しい出合いや発見に恵まれ、その魅力に心をわしづかみされてしまいます。

さらに高山祭など季節ごとのイベントも魅力的。冬なら酒蔵めぐりやライトアップにも注目したいですね。極めつけは7つの源泉を持つ温泉で、まち歩きで冷えきった体を1日の終わりに温めれば、高山がもっともっと好きになるはずですよ! 行列店をチェック!

行列店その1「こって牛」

こって牛握り2つと軍艦巻きのセットの三種盛り900円 こって牛 休日午後の待ち時間目安20分

A5、4ランクの飛騨牛を使う飛騨牛握り寿司のテイクアウト店。サッと炙った赤身を塩かショウガ醤油で味わえるほか、卵の黄身がのったユッケ風味の軍艦巻きをせんべいにのせて販売しています。

食べやすそうな大きさなのもうれしく、街歩きにぴったりです。 こって牛

TEL/0577-37-7733

営業時間/10時~16時

定休日/なし

行列店その2「六拾番」

六拾番「とろ煮」700円と「飛騨牛つくね」400円 六拾番 休日午後の待ち時間目安15分

飛騨牛の串焼きとつくねが看板の串焼き屋。飛騨牛スジを地味噌でやわらかく煮込んだとろ煮もおすすめです。

地酒の熱燗を1杯500円で販売しているので、寒い日にはお供にぜひ。 六拾番

TEL/0577-33-2683

営業時間/10時~16時(変動あり)

定休日/不定

行列店その3「茶乃芽」

茶乃芽5個入り200円。15個入り500円もある 茶乃芽 休日午後の待ち時間目安10分
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。