ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

屋台で売ってる謎のボール?実は激ウマ!『ネームクルック』

  • ガジェット通信を≫


แหนมคลุก ネームクルック
イサーンソーセージとクリスピーライスの混ぜ料理

屋台でたまに見かける、こんな↓ボール?みたいなやつ。

おにぎり?ボール?大きめのだんご?

初見の人なら謎すぎて「これください!」とは絶対ならないと思うんだけど、
実はこれ、「ネーム・クルック」と言う料理に必要不可欠な食材なのだ。

ボールの正体はカオトート(ข้าวทอด)と言って、ご飯とレッドカレーペースト、それからタクライ(ตะไคร้ レモングラス)やカー(ข่าなんきょう)、ガティアム(กระเทียม にんにく)などを入れて、まるーい団子状にして揚げたもの。これとネームを合わせてヤムを作る。それが「ネーム・クルック」という料理。

「ネーム」というのはイサーン地方の発酵ソーセージのこと。酸味が効いたソーセージはそのまま喰ってもウマイ。
それをほぐして、いろんな食材と一緒に混ぜ混ぜ(=クルック)して料理を作るのだ。

この料理って、一番ポピュラーな料理の呼び名は「ヤム・ネーム」だけど、ネームより上の写真のライスボールの方が見た目インパクトあるので、ライスボールのほうがむしろ料理の主役って感じがするなあ。 主役を喰った演技派脇役って感じ??


ネーム・クルックに入る食材は、ライスボールだけじゃない。ホームデーン(หอมแดง エシャロットに似た小さい赤玉ねぎ)、トンホーム(ต้นหอม ねぎ)、それに写真にはないけど豚皮千切りを入れるのが超定番。カリカリ、プニュプニュ、いろんな食感が楽しめるってわけやね。


注文したら、おばちゃんが材料をよそって、手作りしてくれる。「辛いのでいい?」と聞かれるので当然だいじょうぶ!と返事。 笑

ラープと同様にネームとその他材料をボールに取り分けて混ぜ混ぜし、最後に味の決め手!カオトートを潰して入れてまた混ぜ混ぜ。できたら上にプリックヘーンやトゥアリソンをふりかけて一丁上がり!


カメラを向けていたためか、完全にいちげんさん扱いされたっけ。笑 しかしその分説明は丁寧で、「葉っぱに包んで食べると美味しいのよ!」と言うことだったので、言われるとおり葉っぱに包んで口に運ぶ。

ううーんから酸っぱウマい!!

僕自身はお酒飲まないけど、たぶんビールのお供に最適の味だと思う!!

extVideoConfig = {“width”:”480″,”height”:”320″,”url”:”https://www.youtube.com/watch?v=CA1XkozBgGA”};
作り方動画はこちら♪

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。