ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

root化されたスマートフォンでAndroid Payを利用可能な状態にする方法が発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google のモバイル決済サービス「Android Pay」を root 化した状態でも継続して利用できるようにする対処法が発見されました。Android Pay は国内未提供なので、国内のユーザーにとってはあまり関係のない話になりますが・・・。Android Pay は昨年夏の開始時点から root 化済みのスマートフォンで利用できましたが、1 月に行われたアプリのアップデートで突然利用できなくなってしまいました。今回の対処法は、SuperSU v2.67 を利用することが条件になりますが、このバージョンを用いて root 化行った後に、ADB コマンドを利用して「su」を実行し root ユーザーにログインして「chmod 751 /su/bin」を実行(/su/bin のパーミッションを 751 に変更)すると、利用できるようになるそうです。Other グループのユーザーが root をチェックできないようにしようということなのでしょうか。Source : XDA

■関連記事
ASUS、カラフルなカラーリングが特徴のZenFone用テーマ「ZenColorful」をリリース
マイナンバーカード(個人番号カード)をスマートフォンから申請してみた
Google、Androidアプリの開発環境「Android Studio 2.0 Beta」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP