ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今井美樹、ロンドンでのニューイヤーコンサートにSPゲストとして布袋寅泰が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

30周年アニバーサリーイヤーとして精力的な活動を続ける今井美樹が、1月30日と31日に「Miki Imai New Year Concert 30th Anniversary Special」をロンドン・カドガンホールにて行なった。

このコンサートホールで今井美樹がライブを行なうのは2015年1月に引き続き、2回目となる。アコースティックピアノ、ストリングスカルテット、パーカッションという編成を従え、ゴージャスな黒いドレスを身にまとった今井が登場すると、会場に詰めかけた900人のオーディエンスから大きな拍手が送られた。

第一部は「恋の唄」(1998年)で幕を開け、「瞳がほほえむから」「野生の風」といった代表曲を中心に、ユーミンのカバーアルバム『Dialogue』(2013年)から「卒業写真」「私を忘れる頃」を披露していく。近年の作品に欠かせないアレンジャーのサイモン・ヘイルによる繊細なピアノは今井の歌声にぴったりと寄り添いながら、四重奏のストリングスがそれを包み込む。ロンドンの名門コンサートホールの名に相応しい豊かな響きが会場を満たしていく、まさに大人のための音楽会だ。

第二部にはスペシャルゲストの布袋寅泰が登場。共演としては9年前の「紅白歌合戦」があったが、ライブでは2004年以来となる貴重なステージは彼の作曲による「AQUA」で幕を開けた。曲によってアコースティックギターとベースを持ち替える布袋は、バンドの演奏をさらに色彩豊かに彩りながら「Miss You」「PRIDE」といった自身による提供曲を披露していく。「今夜はラッキーですよ(笑)」という今井のMCにはひときわ大きな拍手が湧いた。

鳴り止まないアンコールの拍手に応えて「Pray」を歌い終えた今井は、「またいつかこの舞台に戻ってきたいと思います」との言葉を残して、この貴重なライブを締めくくった。その彼女の言葉通り、また来年もロンドンでコンサートが行なわれることを期待したい。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP