ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

100万個以上の「点」だけで描かれた作品がスゴイ・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫


獰猛なヒョウの表情を
生き生きと描いた一枚の絵

そこには、ある秘密が。

近づいてよ~く見ると…
すべてが点で描かれていた!


フランス人アーティストのXavier Casaltaさんは、点の集まりだけで絵を描く、「点描画家」。紹介した作品「Leopard」は、ペン先の太さわずか0.1mmの超極細ペンを用いて、ただひたすらに点を落とし続けた大作だ。なんと、完成まで100時間。気の遠くなるような地味な作業だが、こうして完成品を見れば、点だけで描かれているとは到底思えない。

「少なくとも100万個以上はドットを打ち続けているかもね」

集中力と根気を必要とする作業。Casaltaさんは、背中を丸め黙々とペン先を落としていく。作品と向き合い、毎日同じ作業を淡々と繰り返していく。23歳にして、早くも貫禄をかもし出すその背中には、「職人」の風格さえ漂っている。

もちろん、この植物も点描




「生きもの」だって
ご覧のとおり



髪の毛やヒゲが
線でなく「…」

レンガの表情や陰影を
よく捉えている


現在、彼は点描をメインとしたレタリングやイラストなどにも精力的に挑んでいる。わずか、0.1mmの点から生まれる「点描ワールド」。メイキングの様子は以下の動画から。

Licensed material used with permission by Folio Illustration Agency,Facebook,Instagram

関連記事リンク(外部サイト)

海外の「折り紙(Origami)」のレベルが想像を遥かに超えていた!
「蜷川実花×道後温泉」のコラボがついに本格始動
「ULTRA JAPAN2016」が開催決定 先行チケット第一弾は5時間で完売!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP