ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビニールハウスのように太陽光で温まる「ぽかぽかエコハウス」(スウェーデン)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てることで、太陽光によってポカポカになるエコハウスをつくってしまったのだとか!上の階なら、真冬でも暖房なしで室温を15〜20℃に保てます。いや〜スゴイ。

家の中に家があるという斬新なアイデアですが、もちろん機能面でも魅力的な部分がたくさんありました。

家を「温室」でカバー!

太陽光が当たって自然に暖まる仕組みの住宅。強化ガラスによってカバーされており雨風を防げます。

屋上には、遊び場も。外にいる感覚ですが、屋内なので道具を出しておいても天候で汚れる心配なし!それに…

ハーブ・野菜・フルーツが
スクスク育つ!



家全体がビニールハウスみたいなものですね。もちろん野菜の栽培にも◎。トマトやキュウリがよく育つそう。そのほかグレープの木やフルーツも。

「この家だと屋根が要らないのよね」

と語る家主。先に紹介した屋上も、もともとあった屋根を取り外してつくったものだそう。上を見上げるとこんな感じ。

とても開放感がありますよね。もちろん暖房器具が完全に要らなくなるわけではありませんが、特別な体験になることは間違いなさそう。家の中に庭がある感覚でしょうか。

寒い地域で暮らすときの「新しい選択肢」になりえるかも?

Licensed material used with permission by Kirsten Dirksen

関連記事リンク(外部サイト)

「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を、実際に検証してみた。(動画あり)
醤油をかけたら生き返った!?新鮮すぎる「活イカ踊り丼」が、海外で話題に
ゴルフ場に恐竜が現れた!?(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP