ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニカラグアで12年の獄中生活を送った日本人の告白(3/4)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中米・ニカラグアで、身に覚えのない罪状で12年間も投獄され、現在再審請求中の服部重次氏(67歳)の体験談レポート第3回。前回は現地にナマコ加工場を建設しようと考え、視察に訪れた服部氏の目の前に、加工場建設のためのリサーチ業務を請け負っていた日本人・M氏の遺体が現れたところまでをお伝えした。服部氏は、その「犯人」として扱われることになる──。

 * * *
 服部氏とロブスター加工場の管理人、そして第一発見者のニカラグア人は、夜が明けるまで、M氏の遺体に寄り添っていた。そして陽が昇ると、ニカラグア警察が現れたが、相変わらず、英語は通じなかった。

「『ジャパニーズ・エンバシー(日本大使館)』などと言っても、警官には無視されました。パスポートは事務所に置いてきていたので、私には身分を証明するものもありません。手錠はかけられませんでしたが、パトカーの中に入れられ、海岸で警官たちが現場検証を行っている様子を眺めているしかありませんでした」

 現場検証やM氏の遺体の回収が終ったのは午後4時前後だったという。それから、服部氏はパトカーに乗せられ、市内のリバス警察署へ連れて行かれた。

「ニカラグアに到着したばかりだったので、私には土地勘もなく、1時間近く走って、連れて行かれたのがリバス警察署だということも、最初は分かりませんでした。もちろん、それが警察署であるということは、すぐに分かりましたが……」

 警官は服部氏を小部屋に案内した。四畳半ほどだったというその部屋には一脚の長椅子が置かれていた。

「ドアに鍵をかけられたわけでもなく、ただ、警官は私を置いていきました。しばらくすると、トイレに行きたくなったので、部屋を出ましたが誰かが私を止めるようなこともありませんでした。そのときに思っていたのは、事情も分からないまま警察署を出てしまうよりも、ここでじっと待っていれば、日本大使館が来てくれるのではないかということでした」

 夜になると、服部氏を連れてきた警官が来て、ガジョピント(豆入りの炊き込みご飯)を置いていった。服部氏は、長椅子で眠るしかなかったという。翌日になっても誰かが服部氏を訪ねてくることはなく、警官による取調べも行われなかった。朝昼晩の三食、ガジョピントが出ただけだったという。

「後に分かったことですが、この時点で、私は『容疑者』というわけではなかったようなのです。司法が未成熟なニカラグアでは、事件が起きると、その場にいた人間や関係のありそうな人間を全員、警察署に連れていってしまうケースが多々あると教わりました。そのため、ロブスター加工場の管理人や、第一発見者のニカラグア人も別の小部屋に連行されていたようなのですが、警察署の中で出会うことはありませんでした」

 状況が急変したのは、長椅子だけの小部屋で2泊目を過ごした後、翌3日目の早朝のことだった。

「警官がやってきて私を起こし、部屋を出るようにというジェスチャーをしました。それから別の部屋に連れて行かれたのですが、今度はまるで様子が違います。鉄格子の窓に6台の2段ベッド、肥溜めのトイレと石の洗面台。その部屋に私を入れたあと、警官はドアに外鍵をかけました。もう、私には何が何だか、まるで分かりませんでした」

 日本大使館員が姿を見せたのは、その日の昼のことである。

「Kさんという方が来て、『いったい、どうされたのですか!』と。でも、私の方が聞きたいぐらいでしたよ。どうして、こんなことになってしまったのか……。ともかく、自分の分かる範囲の状況をすべてKさんに説明して、『まったく言葉が通じないので、スペイン語に堪能な通訳と弁護士を手配して戴きたい』とお願いしました」

 すると同日の夕方、日本大使館が(費用負担も含め)手配した現地在住の日本人、A氏がリバス警察署にやってきた。

「リバス署の刑事による聴取が行われたのは、この日が初めてでした。私は『大使館員のKさんに話したのと同じ内容』を喋り、ひとまず安心しました」

 次の日は何もなかったので、服部氏は3食、ガジョピントだけを食べて過ごした。「事件」が起こったのは、その翌日のことである。

「早朝に部屋の鍵が開き、初めて見る刑事が入ってきました。そして、スペイン語の書類を見せ、『ジュージ、フリー、ジャパン』などと片言の英語で、書類にサインをするよう促してきたのです。その刑事が笑顔だったのと、詳しく調べれば、当然、私が無罪であることは証明されると思っていたので、ここにサインさえすれば解放されるのだと思い込み、読めない書類にサインしてしまいました」

 後日判明した事実だが、このとき、服部氏がサインした「スペイン語の書類」は、通訳同席のもとで、前々日に作成した供述調書の内容を「すべて覆す自白調書」だった。そこには、「服部氏が服部物産で雇っていたM氏を、保険金目当てで殺害したことを認めた」とスペイン語で書かれていたのだった(服部氏が有罪を宣告された判決文中に、自白調書の存在が記載されている)。

「まったく嘘だらけの『自白調書』にサインをしてしまったこと自体、私は知りませんでした。真実を知ったのは、それから約3年後に行われたリバス地裁での本裁判(服部氏も出廷)の結果を報じる新聞記事が出てからです」

 驚くのは無理もない。じつは、服部氏が身柄を拘束されてから11日後(1997年5月7日)、服部氏には知らされず、そのため出席もできないまま、ニカラグア地裁では「予備審問」が開かれ、「今後3年間の調査期間を経て開廷される本裁判まで、服部を刑務所に収監する。本裁判で判決が覆らなかった場合は、仮判決による収監期間を含む禁錮18年」という「仮判決」が下されていたのである。本裁判までの調査期間が3年、さらにその間、身柄を拘束するという日本では考えられない法体系だが、ニカラグアにはそのような「仮判決制度」があるのだという。

「その『仮判決』について知ったのは、数日後のことでした。日本在住の弟が保険証書(1億円の受取人は服部氏ではなく、死亡したM氏の法定相続人であると記載)を持参し、大使館が手配してくれた通訳のA氏と一緒に面会に来たときに、初めて聞いたのです。弟は、リバス地裁に証拠提出するために保険証書を持ってきたのですが、A氏は、こう言いました。

『日本語の保険証書をそのまま提出することはできません。保険証書に加えて、翻訳書類および翻訳証明書が必要です。ただ、翻訳証明書を発行する機関はリバスにはなく、首都のマナグアに行かねばなりません。そして、もし証明書を申し込んだとしても発行まで一か月以上かかるので、弟さんの滞在中には難しいと思います』……。弟は仕方なくA氏に保険証書を渡し、翻訳および翻訳証明書の発行および証拠提出を依頼し、A氏はそれを承諾しました。それなのに……」

 自分が1億円の受取人ではないという保険証書と翻訳証明書が証拠提出されれば、すぐに日本に帰国できる。服部氏はそう信じて地獄の刑務所で3年間を耐え抜くが、2000年3月16日、服部氏も出廷して行われた本裁判で驚愕の事実が判明する。

「なんと本裁判に、保険証書と翻訳証明書が提出されていなかったのです。A氏から書類を受け取ったはずの弁護士がサボタージュしたのか、あるいは裁判所の中で不正があったのか。ともかく、私には何が何だか、まったく分かりませんでした。

 ニカラグア検察は、私の会社がM氏に1億円の保険金を掛けており、その受取人が『私/服部物産』であると主張しましたが、この主張自体まったくのデタラメです。M氏は私が雇ったリサーチャーで、たしかに1億円の生命保険もかけていましたが、その保険の受取人は、私ではなくM氏の法定相続人――ロブスター加工場を建設中だったM氏の息子なのですから」

 だが、服部氏の訴えは、正体不明の悪意によってかき消され、本裁判では「仮判決」通り、禁錮18年(3年の調査期間分が差し引かれ、残り15年)の判決が確定するに至った。地獄の日々は、まだ始まったばかりだった。(6日16時配信の4/4に続く)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ニカラグアで12年の獄中生活を送った日本人の告白(1/4)
ニカラグアで12年の獄中生活を送った日本人の告白(2/4)
ニカラグアで12年の獄中生活を送った日本人の告白(4/4)

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP