ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

絶対行きたくなっちゃう危険なガイド!『聖地セドナ パーフェクトガイド』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
110830sedona01.jpg

アメリカ合衆国アリゾナ州にある赤茶色のパワースポット、大地に佇む雄大なボルテックス。1度は行ってみたいネイティブ・アメリカンの聖地セドナ
かつては、知る人ぞ知る聖地であったセドナは、10年程前から日本でもメディアで扱われるようになり、おなじみのパワースポットとなりました。
そんなセドナに、行く予定のある方はもちろん、「行ってみたいなぁ」と思っているあなたに是非おすすめしたいのが、ガイドブック『聖地セドナ パーフェクトガイド』(実業之日本社)。
完全にセドナだけにフォーカスしたガイドブックというのは今までありそうでなかったのですが、この度、満を持して発売されたのです。
 
オレンジがかった赤茶色で、凸凹とした本のカバーはセドナのレッドロックを彷彿とさせ、テンションが上がります。
そして、本を開くと、セドナの魅力が、読みやすいレイアウトの中にギッシリ!
光沢紙ではなく、マット調の紙に優しいパステルカラーと丸みのあるゴシック体で綴られているので、読んでいるだけで癒されます。
本編は、セドナと、セドナの誇る四大ボルテックスの紹介から始まります。
エアポートメサ、カセドラルロック、ベルロック、ボイントキャニオン……ボルテックスとは、強力なエネルギーが感じられるところで、80年代にサイキックの方が発表したころから注目を集めたそうです。
エアポートメサは、周りにある全てのボルテックスのパワーが交差するというエネルギーがとても強い場所で、カセドラルロックは、魂を浄化したり、過去を洗い流すのに良い場所。ベルロックは、前世の記憶を癒すのに良い場所で、ボイントキャニオンはエネルギーを整えるのに適しているようです。
この他にも様々なボルテックスが点在するので、「私のボルテックス」を見つけることが、究極のセドナの楽しみ方のようです。
そして、更に旅を有意義にするために、世界中から集まった、超一流ヒーラーによるスピリチュアルセッションガイドがかなり詳しく載っています。セッション風景や、詳細、そして体験者の声まで載っているのでとても安心です。
ヒーラー選びは直感で行うのが良く、しかも複数のヒーラーのセッションを受けて多角的にアドバイスをもらうのがお勧めのようです。
そして重要なホテル・B&Bガイドもよりすぐりの素敵な宿泊先が目白押し。
全部のホテルに一泊ずつしてみたいですが、ひっそりと秘密めいた雰囲気の森の中にコテージが点在し、敷地そのものがボルテックスだと言われている「ブライヤー・パッチ・イン」には必ず宿泊してみたいですね。宿泊先を考えるだけでも、ワクワクします。
知る人ぞ知る、グルメの町でもあるセドナのゆったりとした時間を楽しむために、レストランガイドも充実しています。
小川の岸辺で癒されるロマンチックなレストランから、ご当地ビールが楽しめる店、超有名店から隠れ家ビストロまで、アメリカン、イタリアン、メキシカン、タイ、コリアン、中華、ローフード、さらになんと、101種類のオムレツが楽しめるレストランまで紹介されています。
そして、カフェ好きのために、カフェが4件も載っているのも嬉しいですね。
その他、ショップガイド、ヒーリング&スパガイド、そして、ヨガクラスやワークショップ、ワイナリーツアー、カヤック体験、鉄道の旅、更には、ウェディングまで紹介されているので、アクティビティーに困ることはなさそうです。
こんな素敵な本ですが、たった1つ欠点があります
それは、この本を読み終わるとどうしてもセドナに行きたくなってしまう、ということです。そんな危険な本ですが、あなたは読んでみたいですか?
(龍野恵里子)


(マイスピ)記事関連リンク
日本一高いデートスポットから日本一高い大社へ愛の願いを届けるプロジェクト
今こそ秘境パワスポいっぱいの会津へ! 祈りと巡礼の里を巡る旅
作曲家・千住明さんが聖地を極めて「祈り」の新曲を書き下ろす体験番組

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。